FC2ブログ

あんた、すげぇな・・・

又はわたしすごい

4日分の朝食と、全ての愛犬家にこの本を

こんにちは


 「アメリカのせいで核戦争が近づいている」と
北朝鮮国家が、各国にお手紙を出すそうです
恐ろしいのはかの国から見れば↑これが真実だってことで
此方サイドから見れば盛大な「おまいう!」なんですが
自分で自分をボーボー煽ってるからね、ちょっとやそっとじゃ止まらないのでしょう


アメリカが配備している爆撃機はいまのところB1だが
もしもB1以外の名前を聞いたなら
そろそろヤバいのサインだと思いましょう
そんな事にはならないと、私は賭けているんだけどね
相手が相手だからね(トランプ含む)
わからない

愛こそすべてなのにね、嘆かわしい








今日はまとめて朝飯行きます

15059663630.jpeg

生野菜 ミートオムレツ マッシュルームのアンチョビガーリック
麻婆茄子 茄子のぬか漬け なめこの赤だし 寝かせ玄米 水切りヨーグルト






15060496060.jpeg

生野菜 シラス入り焼き海苔 ゴボウの煮付け
目玉焼き ハーブウィンナー 寝かせ玄米 大根の味噌汁
水切りヨーグルト(ブルーベリー)







15061550220.jpeg

生野菜 ドライトマトのボンゴレ(生パスタ)
水切りヨーグルト エスプレッソ(ローマ)








15063164300.jpeg

大根の柚子唐辛子煮 ブロッコリーのカニカマ餡かけ玉子
白身魚の蒲焼風 寝かせ玄米 大根の味噌汁 トマトゼリーのオリーブオイルかけ





今回も平均で300円ちょいかな?
我が家は月曜から土曜まで朝ごはん×2人前で
夜は基本、私一人
それに簡単な晩酌のあて

夜も朝御飯で作った常備菜の残りとかだから
意外と食費がかかってないのですわ
勿論月二万とか、三万ってわけじゃ無いけど
そこから大きく外れてもいないので一般家庭なみってやつじゃないかな?
あ、私は昼食べない完全2食です、10代の頃からずっとそう








愛こそすべてと言えば


15064003740.jpeg

BOSSから絶対オススメ!と言われて借りたのです
「野良犬トビーの愛すべき転生」

野良犬として生を受けた一匹の犬が、記憶を維持したまま
何度か生まれ変わり、最高で最愛だった飼い主の少年に再び巡り合う
簡単に言うとそんな話なんだけどね

ずっと犬の視点で描かれているんだけど
彼の思考回路とか行動規範とかが、犬を飼ったことがある方なら
「あー、やっぱそう!」って、なかなか納得できることばかり

最愛の少年と巡り合う間の飼い主とも、それぞれのドラマがあって、絆があって
それがさ、あまりの無垢さにおののくほどなんですよ
もうね、私たち汚れた人間の想像なんて遠く及ばないほどに
犬って生き物は完璧で
この世界のヒエラルキーのトップを犬に代わってもらえば
もっとよりよい社会が出来るんじゃないかしらね


彼が冒険して、得た知識や経験が
ある、最後の一点に集約される様は見事で
感動したり、温かくなったり、ほろりときたり

犬を飼っている方、飼っていた方
一緒に暮らしたこと無いけど、犬が大好き!って方
全ての犬好きがKOされる様が目に浮かぶ一冊

秋の夜長に如何でしょうか?
(が、残念ながらちょっと訳に癖があるけどね)



 

本読むのめんどーい!って方は↓コチラでも




やべぇ、これ観るだけで目から汗が・・・・


ちょっと皆さん、そろそろヤバいから押してください

グルメランキング

頼んだよ?頼んだからね?
にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
にほんブログ村

禁断のレシピの破壊力が、まじパネェ

6月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1696
ナイス数:36

でんでら国 上 (小学館文庫)でんでら国 上 (小学館文庫)
読了日:06月08日 著者:平谷 美樹
でんでら国 下 (小学館文庫)でんでら国 下 (小学館文庫)感想
デンデラって言えば「婆ぁVS.熊」のあれも最高だったけど、こっちのでんでらもなかなか面白かったです、特に「小五郎」が登場してから締まりましたね、だいぶ。とにかくタフで頭が良くて、可愛げがある年寄りが頑張る話ってのは大抵ハズレが無いと断言しておきます、もう「老人無双」ってジャンル作ってもいいんじゃないかね?
読了日:06月10日 著者:平谷 美樹
GONE ゴーン III 虚言 上 (ハーパーBOOKS)GONE ゴーン III 虚言 上 (ハーパーBOOKS)
読了日:06月14日 著者:マイケル グラント
GONE ゴーン III 虚言 下 (ハーパーBOOKS)GONE ゴーン III 虚言 下 (ハーパーBOOKS)感想
これ以上悪くなりようが無いと思っても、まだまだ底に辿り着かないのは現実世界でもよくある話ではあるが、生命維持に直結している問題ってのは、人を人のままでいさせてくれないからねぇ。権力者がいつも、より多くの荷を背負ってるんだけど、その権力の衣によって荷が見えないってのが悲しいわね。「蠅の王」っていうか「七人の侍」を思い出したよ、この章は。
読了日:06月17日 著者:マイケル グラント
ウォーキング・デッド5ウォーキング・デッド5感想
ドラマ版はシーズン7まで観終わっているので、この後の展開もだいぶ先まで知ってはいるのだが、それでも改めて紙面で見るとショッキングですわ、もう、容赦無いねぇ、ほんと。このくらいタブーを超えて際まで攻められる連続ドラマ、日本で作るには後どれくらい人間が成熟する必要があるのかね?フィクションにモラルを過剰に押し付けるのが大好きな人が多い国だから、最低でも半世紀は無理そうだな。
読了日:06月20日 著者:ロバート・カークマン
禁断のレシピ禁断のレシピ感想
かなり前から読みたかった、つーか、見たかったこの本がついに我が手に。スパイシースペアリブ4610kcal,フライドビーフ6150kcal,フランスパン1本サンドイッチ3460kcal、この本一冊でドッカン!106,020kcal!!。もうさー、作る?作らないよ、私は、だがこれ見てるだけで得体の知れない多幸感で腹一杯。目の毒では決して無い、これぞ本物の眼福って言うわけだ、きっと。幸せをありがとう。
読了日:06月28日 著者:枝元 なほみ,多賀 正子

読書メーター


読書メーター

あ、パペラキュウずっと忘れてた。。

2017年4月の読書メーター

読んだ本の数:7冊

読んだページ数:2540ページ

ナイス数:24ナイス



彼岸島 48日後…(11): ヤンマガKCSP彼岸島 48日後…(11): ヤンマガKCSP

読了日:4月12日 著者:松本光司
ウォーキング・デッドウォーキング・デッド

読了日:4月12日 著者:ロバート・カークマン
ウォーキング・デッド2ウォーキング・デッド2

読了日:4月15日 著者:ロバート・カークマン
ウォーキング・デッド3ウォーキング・デッド3

読了日:4月18日 著者:ロバート・カークマン
イノセント・デイズ (新潮文庫)イノセント・デイズ (新潮文庫)感想

諸事情あり、読書を「しない」日々が続いていたのだが、そろそろ明けてもいいかなとリハビリ兼ねて選んだ一冊。煽り文句に期待したが拍子抜け、重くも暗くも感じない。シリアス顔した、なんちゃって優等生みたいな話。

読了日:4月19日 著者:早見和真
城の中のイギリス人城の中のイギリス人感想

蛸!これがかの有名な「蛸地獄」ですか、ようやく読むことが出来ました。どれほどエロく卑猥で、残虐非道グロテスクか?って点で言えば「哲学をプラスした新藤冬樹」って感じですかね、マンディアルグの天然色の地獄の窯も悪くはないが、個人的には「ジュリエット物語又は悪徳の栄え」の色彩の乏しい非道さと、斜め上のmが好みかもしれません。って、どっちも誰にも絶対に薦めませんがね。

読了日:4月20日 著者:アンドレ・ピエール・ドマンディアルグ
制裁 (ハヤカワ・ミステリ文庫)制裁 (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想

熊と踊れから、3秒間の死角と来て本作。あぁ、私はこの作家大好きです、いやマジ本当に。大好きだから書評、感想なんて書きたくないので書きません、書けません。以上。

読了日:4月23日 著者:アンデシュ・ルースルンド,ベリエ・ヘルストレム


読書メーター

今年も例年通り 挨拶は無しの方向で

12月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:2454
ナイス数:19

GONE ゴーン 上 (ハーパーBOOKS)GONE ゴーン 上 (ハーパーBOOKS)
読了日:12月05日 著者:マイケル グラント
GONE ゴーン 下 (ハーパーBOOKS)GONE ゴーン 下 (ハーパーBOOKS)感想
アンダー・ザ・ドームやらパインズやら、自殺島やら、それっぽいのを混ぜてキング風じゃなくクーンツ風に書いたらコレが出来ましたってな感じの作品。正直一作目は詰まらなくもないが、さして特別な感想も無い。続きに期待
読了日:12月06日 著者:マイケル グラント
GONE ゴーン II 飢餓 上 (ハーパーBOOKS)GONE ゴーン II 飢餓 上 (ハーパーBOOKS)
読了日:12月15日 著者:マイケル・グラント
GONE ゴーン II 飢餓 下 (ハーパーBOOKS)GONE ゴーン II 飢餓 下 (ハーパーBOOKS)感想
全6部作だろうが、本国でいかに売れていようが前作と「飢餓」の下巻半分くらいまではかなりかったるくて、続きを読むか微妙でしたが、残り150ページ辺りから俄然面白くなってきました。今でも相当に過酷なサバイバル・レースですが、次作以降更なる絶望とか・・・・・、容赦ねぇなぁマイケル。
読了日:12月17日 著者:マイケル・グラント
熊と踊れ(上)(ハヤカワ・ミステリ文庫)熊と踊れ(上)(ハヤカワ・ミステリ文庫)
読了日:12月17日 著者:アンデシュ・ルースルンド,ステファン・トゥンベリ
熊と踊れ(下)(ハヤカワ・ミステリ文庫)熊と踊れ(下)(ハヤカワ・ミステリ文庫)感想
底知れぬ孤独と暴力、厭わしいほどに我が身を拘束する、しかしほんのりと暖かく生々しい「何か」 手負いの獣達の生きざまが、圧倒的な熱量で胸に迫るこの一冊を2016年度の一番に致しました。有難う北欧、一年の締め括りにスゲェの恵んでくれましたわ。
読了日:12月31日 著者:アンデシュ・ルースルンド,ステファン・トゥンベリ

読書メーター

春巻き界の帝王とMr.メルセデス

おつかれさまです





もうすぐ台風が上陸するらしい月曜昼
皆さん、お仕事かしら?お仕事よね
実はわたくし、お盆の代休でお休みなのよ、オホホホホ
日頃の行いの良さが出ちゃって恥かしいわー

とは言え
相方は勿論仕事で、どうやら今夜は仕事の延長でお出かけ
つーこたぁ、わたしゃこれから丸々一日ぼっち確定であって
本屋に行こうにも大雨、買い物も出れず
もうどうやって時間潰せば良いのかしらね
こんな日に(22日)キングの新刊が出るなんて
キーッ、悔しいわ




あーーーー、読みてぇーーーーーー、ジタバタ
チクショー、読みてぇーよぉーーーーーー!!(もはや駄々っ子レベル






ちょっと前になりましたが春巻(豪華版)作りました

14717823220.jpeg

しいたけ、セロリ、生姜を全て千切り





14717823570.jpeg

良いですかー、ここ重要
豚だ鶏だじゃ御座いません、牛!牛巻きますよー
焼肉用等、ちょっと厚みのある牛肉を細切りに
そして塩、胡椒、紹興酒に片栗粉で下味をつけておきます




14717823920.jpeg

野菜と肉を合わせて醤油、オイスターソース
塩胡椒に胡麻油、紹興酒に片栗粉を加えると↑こんな感じ
あらやだ、素敵





14717824270.jpeg

完成・豪華牛肉春巻き






14717824520.jpeg

ああ、ピントおかしいぞ
でもお味は完璧
かなりがっつり味を入れてあるのでそのままでいけますが
私は臨醐山黒酢でいただきます
これもう春巻きなんて陳腐な名で呼んじゃいけない気がする・・・・






14717824740.jpeg

「ロク、じゃあ今日はずっと一緒に寝るのニャーー」

お、おぅ
君のそのひんやりプレート貸してくれたらね



色々申し上げて恐縮なのですが
こっち↓こっちを押してくれ

グルメ ブログランキングへ

優しい人はおまけでこっちも↓

にほんブログ村
よっ!大将男前!

「男のハンバーグ道」を運命の出会いと呼ぼう

おつかれさまです





今まで色んな材料で色んなものを作ってきて
だいぶ上達した料理もあるし、どれだけ作っても苦手な料理もある
そんな中でずっとずっと課題にしてきた料理が「ハンバーグ」
もうね、絶望的な子供口だからね、わたし
いまだにずっとハンバーグへの愛は1mmたりとも揺るぎがないのです


家で固まり肉から挽いて作ったり
サーロインを叩いて成形したり、東京X使ってみたりイベリコ混ぜたり
西に有名店があれば出掛け、東でも北でも南でも
ある程度食べてきたつもりだし、研鑽したつもり
それでもさー、残念ながら納得いく味になったことがないんですよ

自画自賛だが美味いとは思うよ
なんたって情熱が違うから、それにわたしかなりしつこいからね
それでも「美味い」とは言ってもらえても、唸らせる味には程遠い




そんな中、一冊の本と運命の出会いをしてしまったのだ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
男のハンバーグ道 [ 土屋敦 ]



前回ご紹介した「男のパスタ道」でまるまる一冊ペペロンチーノ作りへの
勝利の方程式を解説してくれた土屋さんだが
今作も同じくまるまる一冊が究極のハンバーグレシピへの解説

もうね、これはレシピ本なんて陳腐な言葉じゃ申し訳ない
まるで上質な推理小説を読んだかのような読後感
完成レシピを「犯人」と置き換えるなら
終盤までは様々な状況説明と検証なのですよ
これを使えばどうなるか?
温度は?部位は?
タネの温度と粘り、ジューシーさの関係とは?
二大ルーツも検証しつつ、正解を導き出す


「じゃあ犯人(正解)は誰なんだ!!」




14708864460.jpeg

まさに上質のミステリー
なんせ犯人の正体を知ったら驚愕すること請け合い
私は最後にのっているレシピを読んでも半信半疑でした
それほど思いもつかなかった答えが示されていた
確かにノックスの十戒にも抵触しない






14708864680.jpeg

焼いてる間にコノスル
いやいやいや、まさか?まさかそんな事があるはずが無い
わたしが長年ずーっと悩みに悩んだレシピが
まさかそんな事でクリアできるはずが無い!絶対うそ、嘘に決まってる






14708867310.jpeg

完成
どうよ、この見た目
表紙と寸分変わらないでしょ
いかに忠実に作成したか分かってもらえると思います







14708867530.jpeg

一口食べて絶句した

「なんちゅーーー旨さか!!」

これどんなミラクルなんでしょうか?
土屋さん、あんたは神か?
正解レシピは3つあって、その中で一番リーズナブルで簡単Verでもこの旨さ
安い合挽ですよ、合挽
しかもソース不要、塩と胡椒のみで完璧な味わい

私の中で一番ネックだったのはジューシーさ
よくさ、ハンバーグを語るとき「溢れる肉汁」っていうじゃない
あれは大きな勘違いだからね、あれは脂だから肉汁じゃないから

だがこのハンバーグは正真正銘確かに「溢れる肉汁」でした




レシピを書きたい
私の感動を共有してもらいたい
まさに目から鱗とはこの事なので、多くの人に驚いてもらいたい
だけどさ、推理小説の犯人読んでない奴に言わないよね
つーか、言えないよね

だから気になる人は是非お手に取ってください
わたしはこの作家の回し者じゃ御座いませんが
本当に感動したので作者に心からお礼を言いたい気分ですわ


正解は書けないが最大のヒントは↑焼いてる絵

グルメ ブログランキングへ

家庭レベルじゃないのは太鼓判

にほんブログ村

小海老のフリットをつまみながら、キングの新作で咽び泣く

おつかれさまです







最初に
昨日あんなへたれた事を書いたら
ちょっと通常回では有り得ない協力プッシュ頂きまして痺れました

わたしこういうのに弱いんですよー、善意の人様ってのにも弱いけど
投げたら返って来る感じ←これに弱い
そんなもんいらんわ!って思ってりゃチラシの裏にでも
「今日喰ったもの」綴ってれば良いわけで
コメント無くとも「見てるよー」って人が居るのが伝わりました、お有難う存じます
これでまた半年くらい書ける気がします、うん







我が町内の「資源物回収」は月一回で
とても幸運な事に、家から徒歩1分の公園が収集所なのです
もうね、田舎だからねー
無駄に地面があるからね
いちいち袋に入れてなんてまどろっこしい事しませんよ

14683817890.jpeg

こーんな感じ
しかもこれまだ翌日回収の午前中だからね
やべぇな、町内アル中だらけかよ?
ちなみにセンター→辺りに広がっている「KIRIN本搾りGF500ml」の缶は全部私のゴミです、はい。
きっちり潰れている所に隠し切れない小者臭が漂っておるの~


で、私の趣味は「酒瓶」ウォッチでして
「あっ!コイツ萬寿なんて飲んでやがる!チクショー」とか
「モエ?モエだと!なんだよ、正月でもクリスマスでもないのにモエって!貴族か!」とか
「最高の女とベットでドンペリニヨーーーーン!!」とかとか
そりゃあもう浅ましくジロジロゴミを眺め回しているのですよ
これが趣味って・・・・、どうよ?









そんな今日は買い物するのも面倒で
家にあるものでなんとかしようと物色、海老発見

14683817460.jpeg

小海老のフリットをつまみながら
スティーブン・キングの文庫書き下ろしを読んで、だらだら涙が流れるのを止めもせず

なんでキングが書くと全てのキャラクターに生々しい息吹を感じるのかね?
元々、子供や動物書かすと並ぶものが居ない大天才だが
最近の「年齢を重ねた者」の人物造詣は圧巻だわ

ちょっと前までは自分は「信者」じゃないと思っていたけれど
間違いなくガチ「信徒」だったわ、私
キング死んだらちょっと立ち直れないかもしれん
それほどすきすきだいすきちょーあいしてる。






14683818230.jpeg

頭の中S・キングで一杯にして歩く帰り道
どうでもいいけど坂、お前私に厳しすぎじゃない?






おうちごはん ブログランキングへ


にほんブログ村
↑色々ちょっと無理な感じになってきました、理由は聞くな、絶対に聞くなよ

蚕豆のパルミジャーノかけと、「つるむな、逃げるな、孤独に慣れろ」

おつかれさまです







暑いですね、暑いですね、暑いですね?
もうどうにかなっちゃうんじゃないか?ってくらいに暑いんですよ>6地方
たまに全国で常勝宇都宮やら、前橋とガチ勝負するくらいに暑さエリートですからね
そんな中、往復90分以上歩いて通勤している
どエムが私です


梅雨明けいつくらいになるんですかね?
例年だと20日くらいだけどさ
もうそろそろ明けてくれないと、ちょいと精神的にきつくなって来てるんですよ
何に?って「梅酢に浸かった梅の存在」にね
今までカビさせた事一度も無いんだけど、それでも確認で一日一度は開閉するじゃない
でさ、あれって埃とか繊維とかでも下手すりゃ原因になるからね
うちなんて猫2匹+人間様はぐーたらという劣悪な環境だから
確認すら恐ろしいのですよ





あと、もう一点
今の時期にこそ活躍するはずのさわやかターコイズさん↓
なんでこれ入れちゃったかなー?馬鹿かなー?ブルーにしとけよ
冷やし中華喰えねぇじゃねーか!
入れ替えれば良いんだが、それも怖くて出来ないというチキンっぷり

14656130350.jpeg

はぁ。









今日は野菜売り場に佇み、呆然
「今年、もしかして蚕豆一度も食べてないんじゃない?」


14678266750.jpeg

うわー、終わっちゃうよーで
慌てて茹でたてに、オリーブオイルとパルミジャーノ
お飲み物はハイボール、うまし





14678267000.jpeg

キーガイちんぴらインチキ親父の新作を読みながら喰らう
相変わらずの平山節
話のリズムがハイボールの炭酸のしゅわしゅわとシンクロして
そこにチーズの利いた蚕豆、まさに幸せエンドレス
POP POP!







そんな感じで自由を満喫していたら、悩める10代からLINEが来たわよー!
みんなー、今週の馬鹿お坊ちゃまよーーー!

14678705900.jpeg

またも深夜に唐突にカットイン
しかも「お母さん」ってなんだ?オフクロブームは終了か?
変なもんでも喰ったのか?
真夜中、何が君の胸に去来したのさ?


だから私の座右の銘を贈っておきました

「つるむな、逃げるな、孤独に慣れろ」 
私が好きなタイプの人間はこれが出来る人で
私が苦手なのはこの間逆の人間なのです、一言で言うと



でも最後の二行がさ、我が子ながらちょいと可愛いね
その悩みが君を作っていくんだよ、きっと。


蚕豆、いつまで売ってるかな?

おうちごはん ブログランキングへ

空白を埋めるために今日も買いに行くぜ

にほんブログ村

読メの馴れ合いが、鬱陶しくて辛い件

2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2174ページ
ナイス数:35ナイス

死者の書 (創元推理文庫)死者の書 (創元推理文庫)感想
最近どんな本を読んでも大した喜びもなく、読書に割く時間が日に日に減ってようやく気が付いた、「そうだ血中ジョナサン・キャロルが足りてないんだ」と。今まで何度読み返したか覚えてないし、多分この先も何度も読み直すであろう。だってキャロルは私のマーシャル・フランスだからね。つーか宮部みゆきお前はイラネ。
読了日:6月4日 著者:ジョナサン・キャロル
我らが影の声 (創元推理文庫)我らが影の声 (創元推理文庫)感想
20年ほど前、初めて本書を読んだときの衝撃は凄まじく、私の中でこの「我らが影の声」と並び立てる悪夢の袋小路恐怖小説はロン·ハバードのフィアーのみなのは変わらないが、それでも結末を知っていて再読したときの怖さったら‼瑞々しく生き生きと、そうまるで青年期の様な純粋さを持って、生を愉しむ美しいカップルのプリズムが如き陽光が、実はいかに邪悪な狂気に満ちているか。比喩的表現抜きにキャロルを知らない人が羨ましくて堪らない、これからこれと、もしかしたら出会えるなんてどんな特大御褒美だよ❗
読了日:6月8日 著者:ジョナサン・キャロル
月の骨 (創元推理文庫)月の骨 (創元推理文庫)
読了日:6月10日 著者:ジョナサン・キャロル
人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人感想
岡田斗司夫ゼミで飛ばし飛ばし聴いていた4タイプ、ひょんな事から再来週までの宿題になってしまったので、詰め込み最中。そして恐れていた通り私は完璧な「理想型」だった、想像はついてたけどいざ決まってしまうと辛い、とても辛い、生き難いなぁ。しかしロジカルモンスターの頭の中の作業台はどれだけ広いんだ?これだけの事を理路整然と説明できるとは正に脅威。
読了日:6月15日 著者:岡田斗司夫
彼岸島 48日後…(7) (ヤンマガKCスペシャル)彼岸島 48日後…(7) (ヤンマガKCスペシャル)
読了日:6月16日 著者:松本光司
孤島の鬼(1) (KCx)孤島の鬼(1) (KCx)
読了日:6月22日 著者:nakedape
侵蝕 壊される家族の記録 (角川ホラー文庫)侵蝕 壊される家族の記録 (角川ホラー文庫)感想
失礼ながらそれほど期待していなかっただけに立派なミステリーで驚いた。北九州よりも尼崎事件と重ねながら読んだが、ハンニバル·シリーズにも似た構成のエピソードがあったような。皆さんと同じで泣けはしなかったけれど、ありきたりでも終われる話をキチンと捻った落ちには好感が持てました、久し振りの角川ホラー及第点作品かな。
読了日:6月23日 著者:櫛木理宇
ZERO  猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)感想
毎回なんだかんだいちゃもんを付けつつも、ついつい読んでしまう藤堂比奈子もついにドラマ化ですか、当たれば唐辛子屋も信州善光寺も美味しいなと思ったら、タイムリーにも貫主に辞任勧告だそうで、いや本書とはまるで関係ありません。そして永久、お前だろ、な?。
読了日:6月27日 著者:内藤了

読書メーター

読書メーター




にほんブログ村



おうちごはん ブログランキングへ

「クオ・ワディス・ドミネ?」(主よ、何処へ行かれるのですか?)

2016年5月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2426ページ
ナイス数:33ナイス

殺戮病院 (マグノリアブックス)殺戮病院 (マグノリアブックス)感想
ドラキュラ物に付き物の金髪巻毛の美少女も居なければ、ハープシコードのいかにもな響きも耽美なイメージも皆無。しかし血飛沫と絶叫と愛は山盛り大サービス、わたしは大好きですよ、この手のぶちかましホラー、しかも共著メンバーの中にブレイク·クラウチ、後は言わなくとも分かるだろ、なっ?
読了日:5月3日 著者:ブレイク・クラウチ,ジャック・キルボーン,ジェフ・ストランド,F・ポール・ウィルスン,BlakeCrouch,JackKilborn,JeffStrand,F.PaulWilson
脳病院へまゐります。 (文春文庫)脳病院へまゐります。 (文春文庫)感想
ただのHENTAIさん大集合の巻であって、それ以上でも以下でもない。逆にそれ程の誉め言葉無いんじゃないか?で、何故此れを読んでなんら衝撃が無いのかと思えば、これの30倍程度逝ってる本物のグッチャネ·カッポーが既知だからだと気が付いた。「いとほしいよ いとほしいよ いとほしいよ」情痴文学、なんて香ばしいんだ、お前らは。
読了日:5月6日 著者:若合春侑
亜人(8) (アフタヌーンKC)亜人(8) (アフタヌーンKC)
読了日:5月10日 著者:桜井画門
三丁目の地獄工場 (角川ホラー文庫)三丁目の地獄工場 (角川ホラー文庫)感想
ああ、そうか「牛家」の人だったんですね、前作の感想はテイストは好みだが間延びした核が無い感じがキツイと書いた記憶があるのですが、やはりコレも前作よりナンボか良いが同じような印象。これをずっと洗練させソリッドにすると「筒井康隆」の様に出来上がるのにね、なんかいつも惜しいな、この人は。
読了日:5月16日 著者:岩城裕明
クオ・ワディス〈上〉 (岩波文庫)クオ・ワディス〈上〉 (岩波文庫)感想
「クオ·ワディス·ドミネ?」ぺテロのかの有名な問いがタイトルの大スペクタクル、ネロ統治下における退廃と狂乱まさにゲスの極みのローマの中からいかに信仰の力が生み出され昇華されるのか?息つく間もない展開はまさに寝食を忘れる面白さ。予備知識無しでも十分楽しめるが、新約知っていればより理解が深まる作品かと。
読了日:5月17日 著者:シェンキェーヴィチ
クオ・ワディス〈中〉 (岩波文庫)クオ・ワディス〈中〉 (岩波文庫)
読了日:5月19日 著者:シェンキェーヴィチ
クオ・ワディス〈下〉 (岩波文庫)クオ・ワディス〈下〉 (岩波文庫)感想
久し振りに充足を覚えた読書体験だった、上巻を読み出したときは崇高と情欲、静謐と喧騒、キリストとアンチキリストがないまぜに物語を織り成すので自分の視点を確保する事に若干戸惑うのだが、改めて思うにその振れ幅こそがお手本足る大衆文学なのであろう。今まで人に自信持って薦める古典は「ダルタニャン物語」と「高慢と偏見」だったのだが今日から本書も仲間入りさせようと思う。
読了日:5月24日 著者:シェンキェーヴィチ
イノサン Rouge ルージュ 2 (ヤングジャンプコミックス)イノサン Rouge ルージュ 2 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:5月24日 著者:坂本眞一
トミノの地獄 2 (ビームコミックス)トミノの地獄 2 (ビームコミックス)
読了日:5月28日 著者:丸尾末広
オールラウンダー廻(18) (イブニングKC)オールラウンダー廻(18) (イブニングKC)
読了日:5月31日 著者:遠藤浩輝
オールラウンダー廻(19)<完> (イブニングKC)オールラウンダー廻(19)<完> (イブニングKC)
読了日:5月31日 著者:遠藤浩輝

読書メーター


読書メーター



暑くて本の内容が頭に入ってこない

にほんブログ村



おうちごはん ブログランキングへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。