FC2ブログ

あんた、すげぇな・・・

又はわたしすごい

手打ち蕎麦パーティーと悪魔を憐れむ歌


   こんにちは


 実はこの数日間、相方と「炬燵」を買うか?否か?で
協議を重ねておりまして、家は狭いし物は多いし猫多頭飼いだし
炬燵を入れた先の未来に、明るい何も想像できないのですが
それでもさー、もう転んでしまいそうなのですよ、おこたライフに

炬燵入って鍋でもつつきながら飲みたいなー
眠くなったら、そのままごろんと猫と一緒にキャッキャウフフ
しかもおあつらえ向きに明日から楽天お買い物マラソン!
もうきっといっちゃうわな、はぁ、いいのか?それで








昨日はゲイ友というか、大先輩と言うか元上司のおうちで
手作りの蕎麦をいただく会

15412164460.jpeg

猫がお出迎え









15412164300.jpeg

というか、梃子でも動かないの図









15412164700.jpeg

天ぷら
しし唐・牛蒡・南瓜・海老・舞茸
だが、それよりこの木の器がめっさカッコいい
出てくる皿も全部木製
100均とかに売ってるそれなりな奴じゃ無くてさ
素晴らしい重厚感
これいいなぁー、欲しいなぁ
お高いんでしょ?そうよね?









15412165000.jpeg

真打・蕎麦
ちょっと、奥さん!美しいじゃ御座いませんか!
この人は何やらせても常人離れして器用なんだけどね
なんか年取ってパワーが益々増したような
人間こうありたいものですな








15412165170.jpeg

手作りスイーツ付き
女子力パねぇ

ナイアガラから作った泡とか、ブランデー、日本酒ちゃんぽんしながらも
11時には、これまた大先輩のお姉様とTAXI相乗りで帰りました
次は忘年会ですかね?
この面子の飲み会が一番面白いから大好き
去年の正月は、この家呑みにはるちゃんも居たんだけどね










私が痺れた100の本 その5

15412165370.jpeg




悪魔を憐れむ歌・蓮見圭一



(「BOOK」データベースより)
『水曜の朝、午前三時』の著者が描く戦後最悪の連続殺人事件。
「逆らう奴は全員、透明にしちまえばいいんだ」それがあの男の口癖だった。
その言葉通り、男は邪魔な人間を次々と殺し、死体を闇に葬り去った。
戦後もっとも凶悪な犯罪といわれた「愛犬家連続殺人事件」の全貌と、
主犯・関根元の恐るべき人間性を共犯者の視点で描いた凄絶なるノンフィクション・ノベル。



ある人にとって「悪魔を憐れむ歌」はストーンズだろうし
ある人にとってはデンゼル・ワシントン主演のホラーかもしれない
でも私にとっての「悪魔を憐れむ歌」はこの一冊なのです

愛犬家殺人事件はその猟奇性や、関根元の強烈なキャラクターから
様々な作り手にインスピレーションを与え、そこから生まれた作品が数多くあります
代表的なのは園の「冷たい熱帯魚」だと思うのですが
ご覧になった方なら分かると思うのですが、かなりクるじゃないですか
もうギリギリまで攻めに攻めた映画だと思うのですよ
猟奇も狂気もお腹いっぱいになるくらい



でもね、これ読むと一転

そんなもんなのー?園 子温

と、言いたくなるわけですよ

フィクションがノン・フィクションに追いついてない

とにかく関根の狂気は、不適切な表現かも知れないが「エンタメ」の域なのです
この本を読んで、ぞっとして恐怖を覚えると同時に
その底なしの狂気の熱量に、やはり痺れてしまうわけですよ
それは憐れみとは全然違って、やっぱりしっくりくるのは

Sympathy For The Devil

って事なのかもしれません


(ちょっと見つからないので貼れませんが
三木大雲住職 愛犬家殺人でググると、関根に関する興味深い話が拾えます)



昨夜一緒に飲んだ姐さんにブログがバレた!

グルメランキング

今度は犬の名前で検索・・・・・・、猫の次は犬とは! 
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。