あんた、すげぇな・・・

又はわたしすごい

梅と味噌からの着地点



    こんにちは


 巷に「梅」が出回りだしましたね
私も何年間か連続で仕込んできたけれど
今年はお休みします
そういえば味噌も仕込まなかった
なんかね、ここ数年ははるちゃんに渡すために作ってたみたいなところもあって
彼女は私の味噌のファンで、「金払うから、実家分も分けてくれ」と
「親に旨い味噌汁飲ませてあげたいから頼むよ」って
嘘か、お世辞か分からんが言ってたので、多めに作ってたんだけど
もう、なんかね、今年はちょっとそんな元気が出ない



去年の自分の誕生日の朝
相方と「北海道物産展」を開催してるデパートに行ったのですよ
で、彼は展示会場、私はその一つ下の階の大型本屋で物色中に
ゲイの共通の友人から慌てた声で

「今朝から意識不明、急いで!」と電話が来て
頭がさ、真っ白だったんだろうね
1階上に居る彼に伝えなくちゃ、って思いエスカレーターに乗って
物産展の喧騒を見て「あれ?私何してるんだっけ?」と思い、また降りて
「いやいや、違う、はるちゃんだ」と昇って、「物産展関係ねぇーじゃん」と降りて

コントみたいだが大真面目にそれを3回ほど繰り返してからは
「デパートの物産展」も妙なトラウマになってて、多分当分無理、行けない
今から思えばあれぞリアルだと思うわ
創作で見れば「過剰演出」に思えることを、大真面目に繰り返してる






そんななので後一年分あるか?無いかの自家製味噌を
容器に詰め替えつつ

15276532100.jpeg

副産物の無添加のお手本みたいな「醤油」を濾して







15276534470.jpeg

ねばねば丼に山椒醤油と半々でかけて食べてみました
美味しいけれど、ずっとはるちゃんのこと考えてて
少し哀しい味がした






去年の六月に友人のとあるパフォーマンス・アーティストの野外LIVEに
彼女と出掛けて
無理言って誘ったんだよね、絶対に誰でも見れば元気をもらえるステージなので

思った通り気に入ったらしく
「噂では聞いてたけど、本当にすごいねぇー」と喜んで
その良い気分のまま、一杯ひっかけに近所のBarへ

15276576190.jpeg

昔の事や、今の事ぽつりぽつりと話して
後姿を見るのが怖くて嫌で、酔ったふりして「もう一杯飲んでから帰る」と
彼女を先に送り出した

それがまともに顔を見た最後、一緒に飲んだ最後の酒
そのあと何度も電話なりLINEで話したり
家までカレーやら胡麻豆腐作って運んでたが
「ちょっと今は顔を見られたくないから・・・・」と言ってて
玄関のノブに引っ掛けて帰ってました
結局は見られたくないのは、おでこに癌が大きな塊として出てきてたからで
今となっては、その言葉が心に突き刺さるんだよね、辛かったし苦しかっただろうな、と

そのLIVEが今年もそろそろあるんだけどさ
どう頑張っても行けそうもない
彼女の不在のみが心を占めるような気がして


ああ、スマン
こんなブログにするつもりは無かったのに
味噌と梅からこの着地点



最近の人は意味不だよね、ゴメンね

グルメランキング

まだ一年経ってないからさ、もうちょっと駄目人間続けるが許してくれ
にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。