あんた、すげぇな・・・

又はわたしすごい

「うなる美味しさ うな次郎」とコレジャナイ感半端なかった懐かしのアレ



こんにちは



 世の中「ヒアリ」なる生物兵器級の脅威で大騒ぎで
意外と長い時間、庭で泥遊びに興じている私としても
そら、やはり他人事じゃ無いんだけどね
きょうもめだっち眺めてたら、アリに噛みつかれたし

ヒアリの毒は、スズメバチクラスって言うから
本当に恐ろしいわよね、しかも見た目も極々普通の蟻だからさ
我が家の庭に蔓延る黒大蟻じゃ見分けがつくが、あの見た目じゃ分からないわ

生息が確認された地域にいる方や
腕白盛りのお子さんがいる方々の不安感は
想像しかできないが、如何ばかりかと




でも、それと同じくらいに気になる「今そこにある危機」がコレ↓


マダニ感染症、野良猫にかまれ
保護しようとした50代女性が死亡 世界初、厚労省が注意喚起

 厚生労働省は24日、草むらなど野外に生息するマダニが媒介する感染症に
感染した猫にかまれた女性が死亡していたことを明らかにした。
厚労省は同日、都道府県や医師会などに注意を喚起する通達を出した。
ダニ媒介の「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で、哺乳類を介して
人が死亡したことが判明したのは世界で初めてという。

 国立感染症研究所によると、平成28年5月~7月、弱った野良猫を保護しようとした
西日本在住の50代女性が猫にかまれた。
女性に重大な持病などはなく、約10日後に死亡した。
半年後に感染研が女性の検体を受けて精査したところ、猫を介してSFTSを発症した可能性が高いことが分かった。

 SFTSは国内で初めて感染が判明した23年から今年6月末までに
266人の発症例があり、そのうち57人が死亡。致死率は21%に上る。

                   


マダニ→人じゃなく
マダニ→猫→人だからね
これもう嫌な予感しかしないんだけど

それで無くとも、うちには猟師がいて
オサレに言えばジビエがさ、もううんざりするほど
身近な環境なわけですよ
ジビエ天国=マダニ天国
だから彼が猟に出ると着てた服は、すぐに脱いでもらって
屋外に最低でも一日は放置で熱湯かけてから洗濯
そのくらいに怖いのよ、マダニ





15012142640.jpeg

猫経由ってことは、犬経由も間違いなくあるわけで
出来れば野良はどれだけ可愛くとも触らないように








15012143220.jpeg

って、頭で分かってても無理だよねぇ・・・・・(友情出演、通勤路の地域猫)

取り敢えず最低限、あからさまに病気とか弱ってる子と接触するのは
覚悟をもって自己責任でモフって下さい
特に今の時期は気を付けて
「猫はかわゆし、命は惜しし」やで













はい、次

今年はなんだかんだ言っても珍しく「ウナギ」が口に入ったのだが
毎年、たいてい丑の日はスルーでして

そらもう旨いし、好物だが
丑の日にわざわざウナギ屋に出掛けるってのも
乙通り越してアレだし
かと言ってスーパーで国産ウナギなんて眺めた日には

「ウナギ?ウナギか?2000円出すんじゃ肉じゃねぇか?」となる
詫びさびゼロのダメ人間






15012140810.jpeg

じゃあもう今年は噂の代用品で!

←うな次郎(確か300と数十円)
→うなぎ風味かば焼き(特売2Pで200円)








15012141080.jpeg

うな次郎で作った「う巻き」








15012141340.jpeg

うなぎ風味かば焼きの「う巻き」

って!別に見た目変わんねーな


いや、すごい
流石高いだけあって「うな次郎」の完成度はなかなか
さかなのすり身で出来てるんだが
これさ、この飽食の時代
生まれた時から世界中の旨い食い物に囲まれてる餓鬼でも
たぶん騙せる
うん、未就学じゃ完璧にOK
私だったら下手すりゃ高校くらいまで騙されたかもしれん

ニッスイのうなぎ風味もなかなか
完成度は確かに「うな次郎」が↑
どっちか一つなら迷わず「うな次郎」
だけどね、ニッスイも捨てがたいのよね
ウナギの身のちょっと小骨っぽい感じ分かる?
あれがどういうわけか、かなり上手に再現されてるんですよ





一つ言えることは

「代用レバーこんにゃくのコレジャナイ感」

あんな寂しい思いは絶対にしないので話のタネに行っとけ




押しましょう↓、そして推しましょう


にほんブログ村
毎日押せば背が伸びるぞ、マジ。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。