FC2ブログ

あんた、すげぇな・・・

又はわたしすごい

本当に美しい胡瓜料理、本当に美しい結婚生活

おつかれさまです





和田アキ子大先生が高島の礼子たんの一連の出来事に
「離婚なんてできる?普通するの?」とあくまで個人の意見と断った上で
言及なさったそうで、ここ数時間そればかり考えております(おい!仕事しろ
こればかりは「家族とは?」「夫婦とは?」って話だから
一概に正解、不正解無いと思うんだが
もしも自分の立場が礼子さんだったとして、彼を許せるか?否か?って事だよね


愛せるか?否か?って問いはさ、意味無いと思うのですよ
あれだけの出来事の直後に「でも私は彼を愛しています」と言える人間を、
たとえ1mmでも私は信用出来ない
辛く厳しい再構築の中で、やはり私には貴方への愛があったのね
お互い辛かったけど、あそこで離れないでよかったわ

↑これはあると思う
だから二度と愛せないわけじゃない
でも直後はね、殺意、又は怒りしかないよ
それが相手に向うか、自分に向うかの差はあれど



うーん、難しいなぁ
もしも私が「許した」としたら
多分これから先ずっと「あれだけの事をしでかした貴方を許した私」であり
「あれだけの馬鹿男を許した妻」として生きて行くことになると思う
それって男側が耐えられないのでは無いのだろうか?
小さくなった男を見て愉悦を覚えられたらそれはそれで上手くいきそうだが
多分私はその姿に哀れを感じても愛は感じず、苛々して腹を立てて
結局二人とも見えない檻の中で暮らすわけで

情けないことに、私は一度結婚生活に失敗してるので
その立場から知り合いの既婚者に、結婚生活の助言を求められることも
たまーにあったりするわけだが(私に聞く時点でセンスが悪すぎて先行き不安)
その時に使うのはニーチェの
「不幸な結婚が起こるのは、愛情不足によるのではなく、友情の不足によるものだ。」って言葉でして



それで行くと、多分無理かな
何年も何年も、特定の(しかも安そうな)馬鹿女とキメてました、なんて男に
友情を持っていられるかって、やはり私は無理だわ
倫理観と感性が違いすぎる
だってそれ楽しそうな事だったり、ちょっとだけ憧れる黒い魅力じゃないもの
ソープオペラの脇役以下じゃない
典型的なウシジマくんネタなんてどんだけ下衆か?


他人の家だからね、結局はどっちでもご自由に、ってなもんだが
もしも女優「高島礼子」が離婚しない決断をしたならば
それはそれでマイナスイメージと相殺なんかじゃ、追い付かないほど
女を上げると思うよ、最終的には
誰しもが出来ない事、あえて難しい道を選ぶ人間は偉大だからね、なんであれ







14677209530.jpeg

家庭菜園の利点の一つに
収穫は自分の気分しだいってのが御座いまして
こーんな風に40cm近くまで胡瓜を育ててから作るスペシャリテもあるのだよ








14677210000.jpeg

皮を引いた胡瓜に塩レモン・ペーストとオリーブオイルでマリネ
出来上がりにディルをあわせた一皿
こんなに綺麗な胡瓜の姿ってあるかしら?ってな贅沢胡瓜
塩レモンなければ、塩+レモン汁+オリーブオイルデ勿論OK
ギンギンに冷すのがポイントです
(もち、普通の市販のサイズでも美味しいです)










14676900280.jpeg

しーちゃん(レアキャラ)  「結局のところアッコの意見についてはどう思ってるんだニャ?」

ば、馬鹿!こんなところで書けるか、察しなさいYO!



ガンダムDXは見ちゃ駄目ーーーっ!

おうちごはん ブログランキングへ

本当に本当に有難う、今日も貴方のために書きました

にほんブログ村

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。