あんた、すげぇな・・・

又はわたしすごい

「海老まみれ炒飯」と、アレまみれにされた私

おつかれさまです





しょっぱなからどうでも良い事ですが
私はブログの書き出しが三種類しかありません
「こんにちは」
「こんばんは」
「おつかれさまです」

で、この「おつかれさまです」の時だけコメント欄開けてません
(あと読メまとめも閉めとります)
たいした理由はありません
おつかれさまの「ぼっち」ネタの時は、自分の中ではブログのショートVerなので
内容もいつにも増して酷いわけでして・・・・・
そんなもんに貴方様の、貴重なお時間をとらすのは申し訳ないので閉めてます
だが何かあれば前後の駄文にぶっ込んで下さい
いつでもウェルカムで御座います







今日は家に帰り着いて、だらしなくソファに横になっていたら
オリくん(♀)が餌を食べ終え腹一杯で機嫌よく近づいてきまして
ひょいと抱え上げて、いつものようにお腹の上に降ろしたとたん
「シャーーーーーーッ!」とですね、全身の毛を逆立てて
私の頭のほぼ真後ろを睨みながら威嚇してるのですよ

いや、ちょっと想像してみて
どれだけ恐怖か

まず第一に「虫」ってのはありえないのよ
そんなの見つければ威嚇どころか「猫まっしぐら」で虐殺に向かうからね
もう本能だから
あるとしたら「対等、もしくはそれ以上の外敵」しか無いわけだが
もちろん、そんな気配はしないし部屋のドアも閉まってる


オリ 「シャアァァァーーーーーーッ!!」
ロク 「ちょ、ちょっと何?何?どこ?あんたどこ見てるのーーー!」

オリ 「しゃああああああああああああああああああーーーっ!」
ロク 「いやいやいや、怖いからお前ーっ!怖いって!!」





ものすんげぇ爪出してて、もう無茶苦茶痛い
だがそれより怖い、怖すぎて後ろ確認できない
でももうこのゼロ距離の緊張感に耐えられない

恐る恐る、頭を上げて後ろを見るとそこには
相方が朝使って、置きっぱなしになってた手鏡が・・・・・
そうか、そうか、知らん猫がいたか・・・・、はぁ。








今日の運命的出会い

14665147940.jpeg

「全力でお守りします」









14665148370.jpeg

「海老会場はこちらですかー?」






14665148580.jpeg

「はいはーい、海老ブースはこちらで御座いまーす!」








14665148180.jpeg

こりゃあ絶対に「海老炒飯」作るぜ!って思ったんだが
我が家って玄米とタイ米しか無いのですよ
普段は全然平気だし、カレーなんかは玄米のほうが合うと思うんだけど
炒飯と卵かけご飯だけは、どうにもこうにも白米が欲しい
相方は玄米炒飯好きらしいんだけどさ、炒飯はさ
私の感覚だとあんまりもぐもぐ嚙みたくないんだよ、なんとなく

いやー、旨かった
海老は神だな、来世は海老でもいいかもしれない
いや、アンパンマンみたいに自己犠牲の精神にあふれた
世界最大の海老と結婚したい 一生添い遂げたい











14665148870.jpeg

「目付きが悪い凶暴そうな猫は何処に行ったにゃーーーーっ!!」と
まだまだ暴れ足りないオリくん(♀)

実は興奮しすぎて、風呂上りの私をしっこまみれにしてくれました
フフッ、こちとら病み上がりなんだけどさ、もう一度風呂って・・・・
ほんと削られるわー



今日は一日「なにか忘れてる」感が付き纏ってた

にほんブログ村

いま思い出した、愚息は生きてるかの?

おうちごはん ブログランキングへ

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。