あんた、すげぇな・・・

又はわたしすごい

弾丸カレー・バイキング・ツアーまとめ(頑張れ、印度人)

こんにちは





火曜の夜は「ぼっち飯」だったワケですが
もうね、一人じゃさ、面倒なんですよ、色々と用意するの
一人じゃインスタント・ラーメンでも、なんじゃ塩かけご飯でも良いくらいなのよ、わたし
酒飲んでれば、それほどお腹空かないしね
(もちろん毎日ってわけにはいかないけれど)

その日も「あー、メンドくさいなぁー、作るの」となり
じゃあお惣菜でも買って帰るかと、思いながら歩いてたら
やたらと「ソース味」のものが喰いたくなり
「こりゃ、トンカツかコロッケだな!!」とふらふらデパ地下彷徨ったところ
無い!カツも無けりゃコロッケもない
仕方ないので「出来合いの鶏の唐揚げ」買いまして

「これ、ソースかけられないじゃん・・・・・」とフラスティな気分で食べましたがね

1時間もしたらド級の胸焼けが・・・・・・
7号明けに、油ぎった唐揚げは無謀すぎました、はい。




14581162970.jpeg

ササミだったら食べたいにゃー
(ササミとプレーンヨーグルトの為なら多分死ねるオリ君(♀))












実は去年の暮れから今年の頭にかけて
相方と何かに取りつかれたかのように、とある料理を食べ歩いてまして






14581164700.jpeg

それがさ、インドカレー・ランチ・バイキングなんだけどね
(印度人店主の店限定)








14581165790.jpeg

もう毎週行ってたからね
なんだかんだ6店舗ほど連続で








14581163600.jpeg

中にはこんな居酒屋のお通しみたいな器しか無い店とか
しかも4種類のカレーの見た目も味も差別化されてなかったり
無茶苦茶








14581164980.jpeg

そして多分機械類も苦手なのでしょう
レシートの設定も出来ないらしい、マジでやってあげたくなったけど
日本語苦手な日本人と、日本語ほぼ喋れない印度人では何かが成し遂げられる気がしない









14581165410.jpeg

タンドリーチキンって外で食べて「あたり」に出逢った事がない
なんで家で作るタンドールでもなんでも無いヨーグルト焼きの方が旨いのだろう?
私だけ?








14581166150.jpeg

誤解を恐れずに言わせていただくとさ
止めた方がいいと思うのですよ、カレー・バイキング
なんかインドカレー屋って、昼時はバイキングが当たり前じゃないですか
少なくとも、わたしの地域はそう

でもね、正直言って美味しくないのよ
不味いわけじゃないよ、でも美味しくない
ランチなんて薄利多売の客寄せで、安価で店に来ていただいて
店内の雰囲気や、メニュー構成など知っていただいて夜の通常営業に誘導するのが主だと思うんだけど
完全なる逆効果
「これじゃあ、夜も期待できないな」になる

わたしもカレー好きでスパイス買ってるからよくわかるんだけど
大量に作ってもなかなかコストがかかるのですよ、カレーって
スパイスケチったら「カレー」じゃなくて「カレー味の何か」になってしまう
でも大量に何種類も用意しなくちゃいけない、しかも数百円で
そりゃね、旨いもの作るの無理があるのよ、本当に
そこはとても理解できる
カレーの種類を絞るか、値段をもっと上げるかしないと店にとって有益だとは思えない
都会で人がわんさかいれば違うかもしれないが、田舎じゃパイは限られてるからね

それでもさー、印度の人は頑なにランチバイキング
今日も、明日も、日曜祭日も
お前らなんてピュアなんだ!すれてないにも程がある。
もうさ、いいんだよ
美味しけりゃ人は絶対に入るんですよ、絶対
少々高くても遠くても、アラカルトのみでも、それが食なんだよ、誰かー、教えてやってくれー









おまけ

14581164140.jpeg

カレー・ツアーの最後の一軒のドリンクメニュー
酒(暖)はなんとなくほっこりだが「焼ボトル」ってちょっとイヤ




14581163850.jpeg

さーすが印度!このわたしをもってして知らないwhiskyがありやがる
チヴァスレガル?バレンティン?なんじゃそれ、聞いたこともない、なんぞそれ?
ん?んん?
カレーぶちまけそうになりました、今回はかなりヤバかった
まじで、効いてるわー、印度人!殺す気か?




シーバス・リーガルにバランタインってことだよね?そうだよね?

にほんブログ村

強力プッシュでたのんます

おうちごはん ブログランキングへ

関連記事

2 Comments

6(ロク) says..."Re: タイトルなし"
こんにちはー

そうなんですよ
実はオラが村はですね、宝飾関連が地場産業なんですよ
だから多いんだよね、原産地となっている石が多いからなのか?
何故か業界の印度人が多いんです
多分、人口比で行けばカレー屋も多いんじゃないかな?と思うんだけど
みんな「カレー屋たるものカレーバイキング」みたいになっててさー
かといって、安いからって人がワンサカ入ってれば合うのだろうが
人も少ない、経費削る、あまり美味しくない、人がますます減るっていう負のループ
なんかね、他人事ながらね、「いいんだよ、やらなくて」って教えてあげたいのよね
もしくは通常価格でナンだけ食べ放題にするとか、ドリンクはサービスするとか
そのくらいでいいんじゃないかと思うんだけどさ
あいつらテラ頭良いくせになんで分からないのか不思議

チヴァスレガルには参ったわ
多分推理するに印度人が読む
それを酒を知らないパートの日本人のおばちゃんが聞き取る→書く
これで出来上がったのではないかと?
ううむ、でもそうすると酒(暖)の謎が残るんだが・・・・・・
そして何故バレンティンには(大)(小)が無いのか?
ギンちゃんとよく罰ゲームネタとして使ってます
「お前次ちょんぼしたら、あそこでチヴァスレガルオーダーな!動画付きで」と

そうだね、「1」ベースからの今作ってのも観てみたい気がする
間違いなく「2」のほうが盛り上がるけど、それでも1にはさ、悲哀があって好き
わたしはコミック読んでないので、どこが最初からネタなのかは分からないんだけど
それでもこうさ、打ち合わせっていうか会議でメインスタッフが
がやがやとアイディア持ち寄って、出来る限りやってみた!みたいなところが好きですわ
「砂で火を消しちゃうってどうよ」「おぉぉぉーーーー!」
「デカいスピーカー搭載車作ってさー、演奏させない?」「すげぇ、それ絶対やろう!」
「棒をさ、びょーんびょーんってさ」「お前天才じゃん!!!」
「いや、銀色のラッカーいるだろ」「じゃあ乳首も!」「貞操帯いいねぇー」みたいな
とにかくものすげぇ熱量だったよね
そして清々しいほどの内容の無さ、ワンダフル!
最後のエンドロールのマンウィズにはダダ漏れました

でも私の中の一番好きなMAXのシーンは「2」でチェイスの最後
ホースからさらさら流れる砂を見たときのMel Gibsonの顔ですわ
あれは良い顔してた!マジで


> インド人が経営なのかオーナーは日本人で雇われてる人がインド人なのか分かりませんがこの手の店多いですよね。ランチはナン食べ放題みたいな。食べ放題で入ってみたいのですが腸が心配で入れません。腸が^^
>
> 行った人に聞いても、『美味いかどうか分からん・・・好みの問題かな?』って返答でした。こんな答えじゃ腸を気にする方が勝ってしまって行けませんので。
>
> チヴァスレガル・・・あははは^^
> 読み方すら知らない?出来ない?読めない?どれなんでしょ^^
> 読めても日本語で書けないが正解でしょうか。
>
>
> マッド・マックス観ました。
> 1つの作品としては良かったです。熱い内容でした。旧作を観てない人は十分楽しめると思います。
> が、基本的に『2』ですよねあれは。僕は『1』を基本にして作って欲しかったです。引き返すところから『2』の雰囲気が出てて良かったのですが前半はどうも『ウォーターワールド』の世界観を感じてしまいまして。虫歯だらけの住人達は旧作のジャイロキャプテンの流れを組んでるなと感心しました。走り高跳びの棒みたいなのを使ってニョイーーーンと襲ってくる場面はマッド・マックスっぽいですね♪
2016.03.18 15:56 | URL | #- [edit]
そうです。はい。 says...""
インド人が経営なのかオーナーは日本人で雇われてる人がインド人なのか分かりませんがこの手の店多いですよね。ランチはナン食べ放題みたいな。食べ放題で入ってみたいのですが腸が心配で入れません。腸が^^

行った人に聞いても、『美味いかどうか分からん・・・好みの問題かな?』って返答でした。こんな答えじゃ腸を気にする方が勝ってしまって行けませんので。

チヴァスレガル・・・あははは^^
読み方すら知らない?出来ない?読めない?どれなんでしょ^^
読めても日本語で書けないが正解でしょうか。


マッド・マックス観ました。
1つの作品としては良かったです。熱い内容でした。旧作を観てない人は十分楽しめると思います。
が、基本的に『2』ですよねあれは。僕は『1』を基本にして作って欲しかったです。引き返すところから『2』の雰囲気が出てて良かったのですが前半はどうも『ウォーターワールド』の世界観を感じてしまいまして。虫歯だらけの住人達は旧作のジャイロキャプテンの流れを組んでるなと感心しました。走り高跳びの棒みたいなのを使ってニョイーーーンと襲ってくる場面はマッド・マックスっぽいですね♪
2016.03.18 01:50 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。