FC2ブログ

あんた、すげぇな・・・

又はわたしすごい

秀逸すぎるゾンビ漫画と、もっと秀逸なパペラキュウ誘導枠

2015年8月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2172ページ
ナイス数:100ナイス

dancyu 日本一の魚レシピ (プレジデントムック dancyu)dancyu 日本一の魚レシピ (プレジデントムック dancyu)感想
これ言っちゃうと身も蓋も無いのだが、野菜や肉に比べて「魚」は大元の素材や作り手の技術力に大きく左右されるので、ハードル高いよね、なかなか。勿論内容は相変わらずdancyuスメル漂う良本かと。「鮭皮焼き」なんつぅー貴族なアテなんだ、写真だけで3合呑めるわー。
読了日:8月1日 著者:
ユリイカ 2015年8月号 特集=江戸川乱歩ユリイカ 2015年8月号 特集=江戸川乱歩感想
没後50年、日本文学界の妖しい宝玉「乱歩」への愛がぎゅーぎゅーに詰った一冊。で、誰でも良いから丸尾末広に「キャタピラー」教えてやってくれ。(あとコレ、ページ数登録かかってないぞ)
読了日:8月2日 著者:丸尾末広,高原英理,樺山三英,倉数茂
怪談百物語 新耳袋 第五夜 うしおんな─くだん (ホームコミックス)怪談百物語 新耳袋 第五夜 うしおんな─くだん (ホームコミックス)感想
いよいよ「うしおんなーくだん」登場、しかも丸々一冊とは豪華ですね~、不浄で忌まわしいイメージの中に、限りなく神聖な尊い核を内包している「くだん」は、まさに近代怪談のロマン砲かと。
読了日:8月10日 著者:萩原玲二
dancyu(ダンチュウ) 2015年 08 月号dancyu(ダンチュウ) 2015年 08 月号
読了日:8月11日 著者:
出口のない農場 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)出口のない農場 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)感想
登場人物のほぼ全員が病み倦んでくたびれた卑小な人間だけでは足りずに、ハンニバルの大型凶暴豚顔負けの人食い猪豚やら、繰り返される砂とモルタルの何処か不気味な荒廃したイメージ、そこから生まれる不協和音たるやチェインソー・マサカすら頭をよぎる不穏の一言、大衆に受けいられる粘度では無いと思うが個人的には骨太な「上質なサスペンス・ミステリー」ってのが感想。ま、それよりなにより装丁が秀逸、久しぶりにポケミス表紙買いしてしもうた。
読了日:8月12日 著者:サイモン・ベケット
がっこうぐらし! (6) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)がっこうぐらし! (6) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)感想
そろそろ減速するかと思いきや、ドライブ感に加速がかかった第6巻。初めから言ってるように「全滅鬱エンド」希望の私としてはなかなか好ましいフラグが乱立中。つーか、みーくんが気の毒だなぁ、周囲がコレじゃ気の休まる暇が無いわー。
読了日:8月13日 著者:原作:海法紀光(ニトロプラス),作画:千葉サドル
ラスト・タウン (―神の怒り―)ラスト・タウン (―神の怒り―)感想
この一年半、もっとも魅了された物語でした、MADMAXテイストで終わらせるかと思いきやAlien2エンドキタ━(゚∀゚)━!って感じでしょうか?要は王道近未来SFって事かと。とにかく最高でした、本当に。で、 感想というほどのものでは御座いませんが、個人的にはシンパシィを強くディビッド・ピルチャーに感じてしまいます。どうしても彼を憎めないし、それどころかとても理解できます、ま、あたしゃパム・タイプって事ですかね。
読了日:8月20日 著者:ブレイク・クラウチ
百万畳ラビリンス  上巻 (ヤングキングコミックス)百万畳ラビリンス 上巻 (ヤングキングコミックス)感想
シュチュエーション・スリラーの大傑作「CUBE」をはじめて見た時、なんつー、面白い話なんだ!と感動したのを「百万畳」を読んで懐かしく思い出した。あれはさ、痛かったり怖かったり、面子が不気味だったからスリラーだったけれど、違う設定なら最高のワンダーランドだったよね、まさに此処がその楽園ですわ。
読了日:8月20日 著者:たかみち
百万畳ラビリンス  下巻 (ヤングキングコミックス)百万畳ラビリンス 下巻 (ヤングキングコミックス)感想
面白れー!面白れー!クソ面白いっ!この世の全ての残念かつ、愛すべき「ゲーム脳」持ち主にこそ捧げたい。
読了日:8月20日 著者:たかみち
レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ(2) (KCデラックス イブニング)レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ(2) (KCデラックス イブニング)感想
とにかく個人的に鼻について仕方が無かった「安達」(寺岡恒一)のターン。ここを境に明確に「処刑」と変貌を遂げ、総括要求=死刑求刑が確定する。この事件、この集団について考えるたびに「自分ならどう生き延びるか?」を考えてみるのだが、何度考えても袋小路に行き着いてしまう、目立っても死、日和見でも死、思考停止も道化も死、どないせーっちゅーねん。
読了日:8月22日 著者:山本直樹
AID  猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)AID 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)感想
流石に三作目ともなると、若干登場人物たちに愛着もわいてきたが、相変わらずつまらなくも無いかわりに人に薦めるほど面白くも無い。まさに二時間ドラマの脚本のよう、それ以上でも以下でも無し。
読了日:8月28日 著者:内藤了

読書メーター


読書メーター



パペラキュウ緊迫の50話は→コチラ



一日一善
にほんブログ村 恋愛ブログ 同棲・半同棲へ
にほんブログ村

返す刀でこっちもPLZ

二人暮らし ブログランキングへ

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。