あんた、すげぇな・・・

又はわたしすごい

スパイス・ポテトフライと、こっち見んな、バーカ!


 こんにちは


 今日は月初の金曜日という、仕事のやること山積なのですが
「ま、明日今日の分もやればいっか!」とですね
通報モノの月給泥棒をかましています
よくないよ、良くないけどさー、もう良いじゃん、16時までやったから
 

 今朝はここのところイマイチ調子が悪いネスプレッソの件で
カスタマー・センターへ電話
そして自分のダメなところを朝から再確認
相手には相手の「マニュアル」があるわけでさ
お互いに「いや、そんな話じゃないんだよね」ってのが分かっていても
それを聞いてやるのが礼儀だし、それを説明するのがお約束じゃない
頭で分かっているんだが、ついつい遮ってしまう
うーん、私も電話番だからさ、無礼な物言いもしないし高圧的でも無いつもりだが

「いえ、ですからそうである可能性も考慮の上な話なのですが」とかさー
言っちゃうんだよ!この腐れ口がよーーー!
相手のターン終わらせちゃうの、もうそれはダメだよね
お品がよろしくない
金曜の出勤前なんかに電話した私が悪いのさ

あ、ちなみにネスプレッソのオペレーターは神対応でしたよ
流石ワールドワイド、行き届いてるのぉ
代替機ゲットでちゅ





15278231600.jpeg

無性にポテトフライが食べたくなって(小学生かよ?
ローズマリーやら、クミンシードやら、バジルと揚げてみた






15278235700.jpeg

とにかく何でもいいからホールスパイス入れて揚げると
びっくりするほど旨くなる
パリパリのスパイスを細かくしてまぶせば最高
ま、高級シャカシャポテトだと思えばヨロシ






先月はそこそこ読めたが、4月は全然ダメ、漫画ばかり
漫画ばかり上げてたらその間に「お気に入り」が数人離れた

漫画なめんなよ、ばーか!

漫画の趣味はTシャツのセンスと同じくらい「個」が出るのに
そんなことも分からないなんちゃって活字読みはこっち見んな!と言いたいが
面倒だから言わない、もう読メの毒どもには閉口してるからな





4月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:936
ナイス数:10

キングダム 50 (ヤングジャンプコミックス)キングダム 50 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:04月27日 著者:原 泰久
鉄鼠の檻(1) (KCデラックス エッジ)鉄鼠の檻(1) (KCデラックス エッジ)
読了日:04月27日 著者:志水 アキ
鉄鼠の檻(2) (KCデラックス エッジ)鉄鼠の檻(2) (KCデラックス エッジ)
読了日:04月27日 著者:志水 アキ
鉄鼠の檻(3) (KCデラックス エッジ)鉄鼠の檻(3) (KCデラックス エッジ)
読了日:04月27日 著者:志水 アキ
彼岸島 48日後…(15) (ヤンマガKCスペシャル)彼岸島 48日後…(15) (ヤンマガKCスペシャル)
読了日:04月30日 著者:松本 光司

読書メーター



5月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2230
ナイス数:61

亜人(12) (アフタヌーンKC)亜人(12) (アフタヌーンKC)
読了日:05月11日 著者:桜井 画門
その部屋に、いる (ハヤカワ文庫NV)その部屋に、いる (ハヤカワ文庫NV)感想
久しぶりに翻訳ホラーの当たりを引きました、いいね、上品だね。思い浮かぶのは帯も書いてる三津田信三に「シャイニング」それにプラスして「我らが影の声」ってとこでしょうか?必要最低限しか情報を読み手に与えずに、ゾワゾワさせ続けるのに成功した作品かと。なんでこれが出来ないかなー、先生方。
読了日:05月13日 著者:S L グレイ,S L Grey
拝み屋備忘録 怪談双子宿 (竹書房文庫)拝み屋備忘録 怪談双子宿 (竹書房文庫)感想
前作において、あまりにも不興を買ったからでしょうか?かなり薄味な感が否めませんが、この人の持ち味の「綺麗系」文章はこの手の短編の方が合うのかもしれない。個人的好みは「どこから来たのか」そんな魚飼ってみてぇーなぁ、おい。最後の連作はオカルト・ジャンキーなんてもんじゃなくて、オカルト・キーガイですね、素敵です。しかし竹書房ってだけで印象が良いも悪いもアレ過ぎて、ちょっと躊躇してしまう。郷内さんに罪は無いのですが・・・・
読了日:05月14日 著者:郷内 心瞳
生か、死か (ハヤカワ・ミステリ文庫)生か、死か (ハヤカワ・ミステリ文庫)
読了日:05月15日 著者:マイケル ロボサム
生か、死か 下 (ハヤカワ・ミステリ文庫)生か、死か 下 (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想
良い話なんだとは思うが、荒く不安定過ぎて何一つ心に残らなかった。やけにもたつく展開も、ステレオタイプ過ぎる悪役も、もう一捻りで昇華しそうなアニキやら、彼女を虐げつつも多分愛していたであろう元BOSSエピソードも何処へも辿り着けずにモヤモヤするだけ、決して巧い作家ではないという事だけは理解できました。なんか勿体無いな。
読了日:05月17日 著者:マイケル ロボサム
解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想
長年積読だったことを深く後悔。滅多に出てこないレベルの限りなく完成された小説でした。「読まずに死ねるか100」を編集したとすれば間違いなく入れます、私は、そうだな68位くらいかな。
読了日:05月19日 著者:スティーヴ・ハミルトン
粘膜探偵 (角川ホラー文庫)粘膜探偵 (角川ホラー文庫)感想
好き好き大好き、飴村行と言い続けてそろそろ十年、思えば遠くに来たもんだ。怒涛の疾走感みたいなものは初期作品に軍配が上がると思うのだが、物語も後半からの圧巻のオフビートっぷりにはダダ洩れ、「髑髏」って聞いただけでパブロフの犬並みに悦びでページを持つ手が震えてしまった。そして今回も冴えわたった造語スキル、先生痺れました、どうか神様、アメラーの私にもっともっと飴村を降り注いでください。
読了日:05月30日 著者:飴村 行
カールの降誕祭カールの降誕祭感想
「禁忌」がこのポンコツ・ヘッドには難解すぎて、ちょっと距離を取ってきたシーラッハだが、流石に短編は巧い!の一言。そして今回はタダジュンが僅かな狂いもなくピターッとハマりましたね、タダジュン以外のシーラッハの装丁がちょっと考えられないほどに完璧かと。どれもこれも哀れで孤独な三人の男の物語だけど、当人はきっと悲しみの感情すら何処かに置き忘れてきたんだろうと思う、それがただただ哀しい。
読了日:05月31日 著者:フェルディナント・フォン・シーラッハ

読書メーター



一つの吹き出しにも哲学があるのにね

グルメランキング


偉い人はそれが分からんのですよ
にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

塩イクラに醤油漬けイクラに、アメラーの話



  こんにちは


 飴村行の新刊が出て喜んでいる記事を書いたら
な、なんと!「ダウンロードしてみました、粘膜人間!」という連絡を
とても素敵なレディからいただいき
やっちまった感いっぱいで頭を抱えていた6です、ごきげんよう

いや、好きよ、大好きよ
本当にこれ以上好きな国内作家って言えば夢野久作くらいのもんでさ
現代作家じゃ多分このあと出てこないんじゃないか?ってほど好きなんだが
ちょっとねぇ・・・・・、破壊力がありすぎて
はぁ、嫌われたらどうしよう?いや、嫌うどころか怒られたらどうしよう・・・?と
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしていたら

「粘膜蜥蜴もポチりましたよー」

お、おぅ。
どうやらお気に召したようで、貴方はなんてハイセンスなのでしょうか?
飴村行を軽く飛び越えるとは!御見それしました
その次の「粘膜兄弟」までは鉄板保証いたします
フルコンタクトのガチ体力使う読書ですが、そこまでくれば貴方も立派な

「アメラー」です
(粘膜蜥蜴の最後の一行で私は恋に落ちました)


DSCF1283.jpg









清水の河岸の市はアジの干物が目的で
次は声をかけると、殻をむいてくれてレモンをかけてくれる「生牡蠣」
その次は

15275599910.jpeg

イクラ
いや、静岡県清水市にはあんまり関係ない気がするが
それでも買うだろ、安いからな
左は醤油漬け 右は塩イクラ
痛風?なんぼのもんじゃーーー!







15275599710.jpeg

どこだかの土産の見た事も聞いたこともない
やけに上品なVODKAをフリーザーに突っ込んで
深夜にチマチマ至福の塩イクラタイム
やっぱさ、イクラは塩だと思うのよ、塩
勿論醤油漬けもさ、美味いよ
でも「塩イクラ」の厭らしい程のねっとりとした大物感はさ
もう美しき最終兵器だろ







15275600130.jpeg

大物と言えばシフォンさん
最近はオリ君(♀)の手作り猫ベッドを占拠して
我らを睥睨しておるのですよ
動くのは御飯か水、あとはトイレタイムのみ
しかもトイレもちゃんとトイレまで行ってくれず
玄関やら廊下で絨毯爆撃

もうね、良いの
しょうがないの、これが生き物、そしてこれが老いなのよ



悲しい事件がありました、最強の隣人「ギバちゃん」が引っ越してしまいました

グルメランキング

これから誰が私に大量のキウイくれるんだよ?帰ってきてよギバちゃーん!
にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

1月にやっつけた活字と海老焼売、そして和田社長について



こんにちは


 コインチェック騒動も「仮想通貨約580億円の大半を返金」と発表なさったそうで
この「大半」ってのが引っかかるが、自己資金っていうんだから大したもんよね
まあ、公式で発表したわけだから満額に近く返してくれることを
他人事ながらわたしも祈っております

だけどさ、この社長のアレっぷりや凄まじいわね
どれだけ頭が良かろうが、金持っていようが本当に勘弁
もうさ、彼のTwitterの発言履歴見てみ
色々とダメ臭をまき散らしているが、これはアウトってのが


「道玄坂で人が倒れてると思ったらホームレスおばさんだった…心配して損した」



えっと、これはホームレスのおばさんならば
地面と仲良くするスキルが高いので心配無用ってことでしょうか?
最大限解釈を彼よりにして↑これですわ


もうさ、こいつに何故これを言ったら駄目なのか?
どれだけ説明しても理解させる自信が御座いません
この年齢でこれを公に書けるって、逆に尊敬するわ
他人の目なんて関係無いんだろうからさ
いまどれだけ叩かれても、多分平気なんじゃなかろうか?
せいぜい自分がホームレスにならないように気をつけろよ

  


昨日は仕事帰りに(田舎の)デパ地下でお買い物
いつもはまばらな人影が、ものすんげぇ人数になってて謎だったが
どうやら今日明日の天候を見越して買いだめ族が出てきてた


15174532360.jpeg

余りに混み過ぎていて、まともに野菜売り場から順に回る気にならず
高級シュウマイ買って帰ってきた
紹興酒ちびちび呑みながら、本読んでたら寝落ちした、小さな幸せ




そして、先月やっつけた活字たち

1月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:2469
ナイス数:86

彼岸島 48日後…(14) (ヤンマガKCスペシャル)彼岸島 48日後…(14) (ヤンマガKCスペシャル)感想
これはもうホラーでも無ければ、ギャグでもなく「彼岸島」というジャンルである。ついていきます、先生エ。
読了日:01月11日 著者:松本 光司
技あり!dancyuステーキ  (dancyu特別編集 プレジデントムック)技あり!dancyuステーキ  (dancyu特別編集 プレジデントムック)感想
家人にステーキ肉を調理させると延々とアロゼを繰り返し、見ていて色んな意味でイライラしていたのです、「うきーーっ!勿体つけずに早よ、早よよこせ!!」その上ルポゼなどやられた日には発狂寸前でしたが、これからは心の中で「おいしくなぁれ」と目を瞑り唱えて待つことにしようと思った一冊、肉は繊細かつ大胆に焼くべし!
読了日:01月12日 著者:
技あり!  dancyuチャーハン (dancyu特別編集 プレジデントムック)技あり! dancyuチャーハン (dancyu特別編集 プレジデントムック)感想
ラーメンやらカレー並み、いやそれ以上に好みがハッキリクッキリ分かれるのが炒飯かと思うのです。パラパラ信者が多いけど私から言わせりゃあんなもんは米のミイラで、食べ終わった後に皿に油膜が残ってなんぼな訳で。つーかこの本で気が付いたのは皿にフリーに乗せられた飯よりも、きっちりお玉形に成形されてるほうが無条件で旨そうに見える、そうやって考えると「これは‼」って炒飯無かったわ、この本の中に。論理は勉強になったけどね、深いぜ、焼き飯。
読了日:01月12日 著者:
dancyu(ダンチュウ) 2018年2月号「料理上手になるレシピ。」dancyu(ダンチュウ) 2018年2月号「料理上手になるレシピ。」
読了日:01月13日 著者:
刑事ザック 夜の顎(あぎと)〔上〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)刑事ザック 夜の顎(あぎと)〔上〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
読了日:01月13日 著者:モンス・カッレントフト,マルクス・ルッテマン
刑事ザック 夜の顎(あぎと)〔下〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)刑事ザック 夜の顎(あぎと)〔下〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想
ルースルンドを読み切ってしまって、凄まじいルースルンド・ロスの最中、同じスウェーデンというだけでそれ程期待せずに読み出したが、なかなかどうしてこれから先が大いに楽しみです。ザックの不安定さも魅力だが、同僚たちのキャラ立ちが素晴らしい、途中何度かシルパやばいんじゃね?と心配したが杞憂で良かった、彼女が取り敢えず一番のお気に入りかな、次はよー。
読了日:01月17日 著者:モンス・カッレントフト,マルクス・ルッテマン
その犬の歩むところ (文春文庫)その犬の歩むところ (文春文庫)感想
あぁ、参ったな。まだ1月だが、今年これ以上ココロに食い込む本が出てくるかどうか?喪失と優しさを乾いたタッチで書かれると、まず無条件にKOなのだが、その中でもテランとかトム・フランクリンにはもうダダ洩れしちゃいますわ、何かが。そしてもしも犬を飼う日が来るならば「Giv」と名付けてしまうと思う、確実に。いやー、底抜けにいかしてました、有難う。
読了日:01月19日 著者:ボストン テラン
キングダム 49 (ヤングジャンプコミックス)キングダム 49 (ヤングジャンプコミックス)感想
ここ何冊かの盛り上がりは、過去全部合わせても余裕の三本指じゃなかろうか?49巻は相変わらず色っぺー蒙恬祭り、最大の見どころは滅多に見れない苦戦の端和様。で、次は王賁が見せてくれそうだし、相変わらず熱いぜ、キングダム!
読了日:01月22日 著者:原 泰久
うろんな客うろんな客感想
今年の小さな贅沢は念願の「ゴーリー収集」。好きな順ってわけじゃないのです、でも私の中の「これぞゴーリー」はうろんな客だったりするのです、だから一冊目。
読了日:01月23日 著者:エドワード ゴーリー
七王国の玉座〔改訂新版〕 (下) (氷と炎の歌1)七王国の玉座〔改訂新版〕 (下) (氷と炎の歌1)感想
いよいよ「ゲーム・オブ・スローンズ」も未完の原作を追い越し、来年には最終章放映との事なので、多分違うであろう着地点を知るために積読だった本家に取り掛かることにしました。ドラマを見てるので各キャラクターや相関図を容易にイメージ出来るのだが、それ無しでこの大パノラマを頭で組み立てている先達たちに大いに敬意を表しますわ。
読了日:01月24日 著者:ジョージ・R・R・マーティン

読書メーター



そうですさん、早くキングダム仲間になりましょう

グルメランキング

今またすんげぇ盛り上がりだからねー、なんじゃ全巻送ってやるぞ
にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

今年も行くでー‼

12月の読書メーター
読んだ本の数:11
読んだページ数:4009
ナイス数:70

ボックス21 (ハヤカワ・ミステリ文庫)ボックス21 (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想
「熊」から始まり「三秒間」「制裁」本書とだいぶ順番を無視して読み進めてきて、今回もスウェーデン社会やそれを取り巻く隣国の暗部を書ききったルースルンドの力強くも静謐なページタナーっぷりに舌を巻く。ラスト3行については途中から予想がついてはいて、その後を「三秒間」で触れられていなかったか?思い出せないのが口惜しい、これで翻訳済で未読が「死刑囚」だけになったかと思うと、ただただ寂しい。誰かもっと、もっとオラにルースルンドを!
読了日:12月04日 著者:アンデシュ ルースルンド,ベリエ ヘルストレム
死刑囚 (RHブックス・プラス)死刑囚 (RHブックス・プラス)感想
順番は狂っているがグレーンス警部シリーズを読み終えて、何処までもこの作品群は「怒り」が主題なのだと思い至る、三秒は格好良過ぎるし、BOX21は鬱すぎる、私の好みは制裁かこの死刑囚だが、僅差で死刑囚かな?この制度についてわが国ではマイノリティに属する私であり、それを変えるつもりは死ぬまで無い、がその視点から見ても彼が取った方法は間違いだと断言できる、けれどもそこに至るまでの無明のトンネルもやはり理解できる、人は人を絶対に殺してはいけないのだとしたら、何故多数の人間は刑罰としての死を支持するのだろうか?
読了日:12月07日 著者:アンデシュ ルースルンド,ベリエ ヘルストレム
わざと忌み家を建てて棲むわざと忌み家を建てて棲む感想
オカルト・ジャンキーの私は、常に三津田信三に少しだけ点が甘いのだが、今作はその底上げ無しで評価すると前作の良いところを全て消し去った印象。一つ一つのネタは遜色無いのに「どこの家にも」の実話系テイストを無理な設定で消してしまったがゆえ限りなく薄く伸ばした感じ、ほんと、勿体無い。これ単体でも大丈夫かもしれないがオススメしません。前作のベースなしには、僅かばかりの良いところも基本の背景が分かり辛く、荒唐無稽な設定が空回りするんじゃない?どうせ次書くんだろうが、もう少し実話系に寄せて下さい、絶対に間延びするから。
読了日:12月11日 著者:三津田 信三
罪責の神々 リンカーン弁護士(上) (講談社文庫)罪責の神々 リンカーン弁護士(上) (講談社文庫)
読了日:12月16日 著者:マイクル・コナリー
罪責の神々 リンカーン弁護士(下) (講談社文庫)罪責の神々 リンカーン弁護士(下) (講談社文庫)感想
これは私が好きだったリンカーン弁護士シリーズでは無い事だけは、はっきりと分かる。あとがき通りこれが本当にシリーズラストでそれなりの体裁を急拵えしたのか、もしくは単純にコナリーが歳喰い過ぎて、雑になったのかのどちらかなんだろう、哀しい話ですわ。ラストの数行が無ければ思い出すことも無い一冊。くれぐれも個人的評価ですけどね。
読了日:12月18日 著者:マイクル・コナリー
約束の地約束の地感想
我が家に散弾銃があって、家の中に猟友会所属者がいて、しかも設定と同地域を鉄砲抱えて右へ左へと駆けずり回っているという、ただでさえシンクロし、既視感もあるかなり底上げされた評価のメーターではあるのだが、それを差し引いても文句なしに面白かったし、考えるところが多々あるあまりにも贅沢な読後感を味わいました、一方向からでは決して語れない「命の現場」をこれからも書き続けて下さい、樋口さん。
読了日:12月20日 著者:樋口明雄
目の前にシカの鼻息〈アウトドアエッセイ〉目の前にシカの鼻息〈アウトドアエッセイ〉感想
氏の作品のそのスケールの大きさに伴ったリアリズムが何故きちんと備わっているのか?が理解できる一冊でした、実体験や経験によって出た答えが彼の全ての言葉や物語のベースなのですね、とても良いエッセイでした。
読了日:12月25日 著者:樋口 明雄
許されざるもの許されざるもの感想
ああ、なんか悔しい。読みながら「お前ら全て噛み殺されれば良いのに」と願ってしまった。阿保みたいにボロボロ泣いてしまったが何故か哀しみよりも、美しい情景がより多く心を占拠する話でした、声或る者は幸いなり。
読了日:12月28日 著者:樋口 明雄
イノサン Rouge ルージュ 7 (ヤングジャンプコミックス)イノサン Rouge ルージュ 7 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:12月28日 著者:坂本 眞一
ビリーバーズ 1 (ビッグコミックススペシャル)ビリーバーズ 1 (ビッグコミックススペシャル)感想
意味不明だがファニーで、でもちょっと興味深くて、どことなくインテリ風で少し羨ましいけど、やはり行ったらイケナイ「対岸」それが私の新興宗教観、ってまんまビリーバーズだと気が付いたのです。
読了日:12月28日 著者:山本 直樹
ビリーバーズ 2 (ビッグコミックススペシャル)ビリーバーズ 2 (ビッグコミックススペシャル)感想
上手に説明も解説も出来ないが、かなりのレベルの凄まじく秀逸な漫画。個人的に実写化して欲しい唯一の漫画でもある。
読了日:12月31日 著者:山本 直樹

読書メーター

ポケ森とかキーマ・カレーとか読書とか

 
   こんにちは


 有り難いことにポケ森のフレンド募集したら
40人くらいにフレンド申請頂いて、そらもう鉱山も一瞬で入れるという
夢のようなキャンパー・ライフを満喫しているわけですが
だんだんとフレンドリストのアクティブ率が下がってきてて
どうやら「あれ?これってもしかして面白くないんじゃない?」とだね
真実に気が付いた賢者がちらほらと・・・・

私なんかはアメバのあれ、ほら、庭作るやつ
あれとか相当にやり込んだから耐性あるんだが
普通は「うがーーーーー!時間かえせーーー!」となるわな、うん
相方にもBOSSにも「それ、面白いの?」って聞かれるが
「いや、多分あんまり面白くないわ」と答えております
「普通の人は」って事だけどね




15120140360.jpeg

だが私みたいなチマチマ星人には最高の暇つぶしゲーだがな
だから引き続き頼んだぜ!フレンドども
私の梨地獄解消のため、梨をストックしてくれ、タノム





時間ルーチン・ゲーム、かかってこいや!の不眠症のわたくしは
真夜中3時も早朝6時もなーんてことないんだが
多分迷惑しているのは↓この方

15120140620.jpeg

これがだね、私の枕元なのです
向かって左側がわたしの布団で、オリ君(♀)はここに寝てるからね
なにかというとポチポチしている私を呆れ顔で見ております

お手製「ネコ・ホイホイ」ベッドは、まだまだ大のお気に入り
いやー、DIY万歳やの






そして晩御飯

15120140840.jpeg

久し振りの「キーマ・カレー」
最近は鶏にひよこ豆を定番にしました
最高です、何故って腹持ち良いわ、がさも増えるからね




ここのところ「読書」もほとんど出来なかったし
読書メーターも滅多に書かなくなって
辞めても良いかな、と少しだけ思っていたのですが
こんな私の読メレビューから、このブログを読み始めてくださった方がいて
その上、読メの文章を褒めて下さったわけですわ
やる気なくしてた時に、そんな嬉しいこと言って下さったので
俄然精進いたしますよ


だから久々にUPするぜ!
相変わらず君が喰いつきそうな本は無いと思うがな

11月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:2280
ナイス数:57

ダーク・マター (ハヤカワ文庫 NV ク 22-4)ダーク・マター (ハヤカワ文庫 NV ク 22-4)感想
いや、痺れました。私にとってはその娯楽性よりも、断片断片のきらめきが上回る十二分に純文学でした。広げるだけ広げて、だらしなくしかたためない「問題作」が多い中でクラウチ君の仕事っぷりや、今回も目を見張るものが御座いました、お有難う存じます。そして個人的意見を言わせて頂くと、ダニエラもたまんねぇイイ女でしょうが、アマンダの正真正銘の強さにはKO、あんなに特別な良い女そうそう居ないって。
読了日:11月20日 著者:ブレイク・クラウチ
キングダム 48 (ヤングジャンプコミックス)キングダム 48 (ヤングジャンプコミックス)感想
いよいよ王翦と李牧の死闘ですか、面白いにも程がある。
読了日:11月20日 著者:原 泰久
二階の王 (角川ホラー文庫)二階の王 (角川ホラー文庫)感想
もう何をどうすればスッキリするのか?良くわからないってな感じの「クトゥルフ」噛ませてある作品に良くあるパターンの、猛烈な倦怠感を伴う読後。嫌いじゃないし下手じゃない、でもメンドクサイ、そうそれがピッタリ、面倒臭い。壁投げ一歩手前だったのだが「屋根裏」でちょっと救われたかな。
読了日:11月20日 著者:名梁 和泉
どこの家にも怖いものはいる (中公文庫)どこの家にも怖いものはいる (中公文庫)感想
勝手な言い分だと理解しているが、タイトルから受ける印象がライト過ぎて、気軽に何気なく深夜3時に読み出して悶絶。三津田信三お得意の「後ろを振り向けない」系の王道ジメジト和風怪奇、残念ながら私が擦れすぎて居るので怖さのピークは三つ目のアパートまでだったが、それでも誰かに「最近の本で怖いのどれ?」と聞かれたならば、全力でお勧めしたいと思いますわ。そして解説「大島てる」とは!なかなかのセンスかと・・・・。
読了日:11月20日 著者:三津田 信三
闇金ウシジマくん 41 (ビッグコミックス)闇金ウシジマくん 41 (ビッグコミックス)
読了日:11月21日 著者:真鍋 昌平
神は銃弾 (文春文庫)神は銃弾 (文春文庫)感想
何故今まで翻訳物を読んできて、これが初読みなのか?自分自身を呪いたいくらいの一冊、零れ落ち吹き荒れる砂と、それと対比する鮮血。下品で、これ以上傷物になりようが無いほど汚れているくせに、何よりも清く優しいジャンキー、映像で考えると極上のロードムービーでもあります。神は銃弾(GOD IS A BULLET)読み終わってしみじみ思うタイトルも秀逸、この手のは訳云々じゃなくスタイルですからね、駄目な人は何処をどう読んでも駄目かと。で、どうでも良い事ですが私の中でラストは夢さんのダイナーに被りました、うん、素敵。
読了日:11月22日 著者:ボストン テラン

読書メーター

神は銃弾には無茶苦茶キュンと来ました


長々とありがとう、ありがとう

グルメランキング

おまけに押してから帰ってくれ、サンキュー・サンキュー
にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村


ここ2ヶ月間で読んだ本やら漫画やら

8月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2560
ナイス数:27

七王国の玉座〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌1)七王国の玉座〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌1)
読了日:08月04日 著者:ジョージ・R・R・マーティン
MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)感想
シリーズ8作目って、もうそんなに出てたのか!ほぼ全作リアルタイムで読んできたけど、正直最初はこれほど続くとも思っていなかったし、こんなに良くなるとも思っていませんでした、すみません、超なめてました。愛と勇気と適度なグロ、その道の好事家には薦められないがライト層には最適な入門版かと。
読了日:08月07日 著者:内藤 了
闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説 1 (ビッグコミックススペシャル)闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説 1 (ビッグコミックススペシャル)感想
肉蝮SUGEEEEEEE-。
読了日:08月07日 著者:
闇金ウシジマくん 40 (ビッグコミックス)闇金ウシジマくん 40 (ビッグコミックス)
読了日:08月07日 著者:真鍋 昌平
嘘つきポールの夏休み (ハーパーBOOKS)嘘つきポールの夏休み (ハーパーBOOKS)感想
そんなに短くもない自分史の中で、このポールみたいな正真正銘の屑は山の様に見てきたし、自分自身1mmたりともこの手の屑じゃ無かったか?と言えばそうでもなく、ま、要は何処にでもいる、ちょいとオツムがお留守な自分に都合が良過ぎる人間ってだけだから、ポールの陥る手の込んだ悪夢には同情しそうなもんだが、残念ながら少しも可哀想に思えない。かと言って良い気味と胸のすく思いもしない、なんとも座りの悪い物語、ヒッチコックの出来損ない風って言えば一番近いかも。
読了日:08月08日 著者:サビーン ダラント
ブロッケンの悪魔 南アルプス山岳救助隊K-9ブロッケンの悪魔 南アルプス山岳救助隊K-9感想
山登りにさして興味も無いが、何故か山岳小説は大好き、そしてパニック物も大好物、そんな私なのでむろんこれはど真ん中なのですが、それ以上にこの小説の設定内にリアル知人が数人いるという、もうなんとも面白さの金太郎飴状態。だが一つ言わせて頂くと、ネイティブからみてその訛りはちょっと変、うーん、一昔前のハリウッド映画の日本人の様に似て異なるのよねぇ、話の面白さには関係ないがちょい気になるちゅうこんで。
読了日:08月11日 著者:樋口明雄
イノサン Rouge ルージュ 6 (ヤングジャンプコミックス)イノサン Rouge ルージュ 6 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:08月24日 著者:坂本 眞一

読書メーター


9月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:1678
ナイス数:50

SROVII - ブラックナイト (中公文庫)SROVII - ブラックナイト (中公文庫)感想
クッソwww、久しぶりに読むと相変わらずの面白さ、似たようなコレ系とは明らかに一線を画す安定感、流石です富樫さん。しょうがない、生活安全課も読むしかねぇな。
読了日:09月09日 著者:富樫 倫太郎
まこという名の不思議顔の猫 (MARBLE BOOKS)まこという名の不思議顔の猫 (MARBLE BOOKS)感想
凄まじく遅れて来て、その割に強烈な「まこ」旋風が私の中に吹き荒れております。これ程愛おしく思える生物は、他所様の子じゃ初めてです。そしてまこよ、私の誕生日に逝っちゃったのか、なんか感慨深いわ、それすらも。
読了日:09月11日 著者:前田 敬子,岡 優太郎
世界一美味しい煮卵の作り方 家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ (光文社新書)世界一美味しい煮卵の作り方 家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ (光文社新書)感想
多分計量スプーンも計量カップも持っていない、調理と言えばレンチンか、お湯を入れて待つだけの一人暮らし大学生の馬鹿息子にプレゼント、良い意味で「低スペック」なビギナーには最高の一冊かと。(そして使用食器がなかなかの高得点、これに盛ってあれば3割増しですわ)
読了日:09月12日 著者:はらぺこグリズリー
続 まこという名の不思議顔の猫  (マーブルブックス)続 まこという名の不思議顔の猫 (マーブルブックス)
読了日:09月12日 著者:前田 敬子,岡 優太郎
まこという名の不思議顔の猫 参 (MARBLE BOOKS)まこという名の不思議顔の猫 参 (MARBLE BOOKS)
読了日:09月12日 著者:前田 敬子,岡 優太郎
まこ便り―まこという名の不思議顔の猫 絵はがき帖 (MARBLE BOOKS)まこ便り―まこという名の不思議顔の猫 絵はがき帖 (MARBLE BOOKS)感想
自室に全てのカードを飾り、まこに包まれ眠りたい。
読了日:09月15日 著者:前田 敬子,岡 優太郎
まこという名の不思議顔の猫 11年目のまこである。まこという名の不思議顔の猫 11年目のまこである。感想
可愛かった同級生と同窓会で会うと、その劣化ぶりに愕然とし、老け顔で仲間内で「大先輩」と呼ばれてた男子が、時を越えてもそのまんまの容貌でこれまた驚愕、まこもそっち系。そして岡さんもまこの翌年逝ってしまったのですね、一人と一匹の御冥福を魂よりお祈り申し上げます。
読了日:09月22日 著者:前田 敬子
野良犬トビーの愛すべき転生 (新潮文庫)野良犬トビーの愛すべき転生 (新潮文庫)感想
不完全な生物である大多数の人間は、この無垢な生き物に、これほどまでに愛される資格はない。勿論わたしもその一人です。全てのトビーたる犬、そのバディに手にとって貰いたい一冊。
読了日:09月22日 著者:W.ブルース キャメロン
きのう何食べた?(13) (モーニング KC)きのう何食べた?(13) (モーニング KC)感想
付き合い出して13年でシロさんも53か……、そら自分も年取るわけだわ。今作は筧氏の御両親回が無かったのがちょいと不満、あの天然だが育ちの良さそうなママン・ファンです。
読了日:09月23日 著者:よしなが ふみ

読書メーター




料理もグルメもほぼ関係ないです

グルメランキング

が、しかし!魔の週末ゆえ押しとけ、な。
にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
にほんブログ村

4日分の朝食と、全ての愛犬家にこの本を

こんにちは


 「アメリカのせいで核戦争が近づいている」と
北朝鮮国家が、各国にお手紙を出すそうです
恐ろしいのはかの国から見れば↑これが真実だってことで
此方サイドから見れば盛大な「おまいう!」なんですが
自分で自分をボーボー煽ってるからね、ちょっとやそっとじゃ止まらないのでしょう


アメリカが配備している爆撃機はいまのところB1だが
もしもB1以外の名前を聞いたなら
そろそろヤバいのサインだと思いましょう
そんな事にはならないと、私は賭けているんだけどね
相手が相手だからね(トランプ含む)
わからない

愛こそすべてなのにね、嘆かわしい








今日はまとめて朝飯行きます

15059663630.jpeg

生野菜 ミートオムレツ マッシュルームのアンチョビガーリック
麻婆茄子 茄子のぬか漬け なめこの赤だし 寝かせ玄米 水切りヨーグルト






15060496060.jpeg

生野菜 シラス入り焼き海苔 ゴボウの煮付け
目玉焼き ハーブウィンナー 寝かせ玄米 大根の味噌汁
水切りヨーグルト(ブルーベリー)







15061550220.jpeg

生野菜 ドライトマトのボンゴレ(生パスタ)
水切りヨーグルト エスプレッソ(ローマ)








15063164300.jpeg

大根の柚子唐辛子煮 ブロッコリーのカニカマ餡かけ玉子
白身魚の蒲焼風 寝かせ玄米 大根の味噌汁 トマトゼリーのオリーブオイルかけ





今回も平均で300円ちょいかな?
我が家は月曜から土曜まで朝ごはん×2人前で
夜は基本、私一人
それに簡単な晩酌のあて

夜も朝御飯で作った常備菜の残りとかだから
意外と食費がかかってないのですわ
勿論月二万とか、三万ってわけじゃ無いけど
そこから大きく外れてもいないので一般家庭なみってやつじゃないかな?
あ、私は昼食べない完全2食です、10代の頃からずっとそう








愛こそすべてと言えば


15064003740.jpeg

BOSSから絶対オススメ!と言われて借りたのです
「野良犬トビーの愛すべき転生」

野良犬として生を受けた一匹の犬が、記憶を維持したまま
何度か生まれ変わり、最高で最愛だった飼い主の少年に再び巡り合う
簡単に言うとそんな話なんだけどね

ずっと犬の視点で描かれているんだけど
彼の思考回路とか行動規範とかが、犬を飼ったことがある方なら
「あー、やっぱそう!」って、なかなか納得できることばかり

最愛の少年と巡り合う間の飼い主とも、それぞれのドラマがあって、絆があって
それがさ、あまりの無垢さにおののくほどなんですよ
もうね、私たち汚れた人間の想像なんて遠く及ばないほどに
犬って生き物は完璧で
この世界のヒエラルキーのトップを犬に代わってもらえば
もっとよりよい社会が出来るんじゃないかしらね


彼が冒険して、得た知識や経験が
ある、最後の一点に集約される様は見事で
感動したり、温かくなったり、ほろりときたり

犬を飼っている方、飼っていた方
一緒に暮らしたこと無いけど、犬が大好き!って方
全ての犬好きがKOされる様が目に浮かぶ一冊

秋の夜長に如何でしょうか?
(が、残念ながらちょっと訳に癖があるけどね)



 

本読むのめんどーい!って方は↓コチラでも




やべぇ、これ観るだけで目から汗が・・・・


ちょっと皆さん、そろそろヤバいから押してください

グルメランキング

頼んだよ?頼んだからね?
にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
にほんブログ村

禁断のレシピの破壊力が、まじパネェ

6月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1696
ナイス数:36

でんでら国 上 (小学館文庫)でんでら国 上 (小学館文庫)
読了日:06月08日 著者:平谷 美樹
でんでら国 下 (小学館文庫)でんでら国 下 (小学館文庫)感想
デンデラって言えば「婆ぁVS.熊」のあれも最高だったけど、こっちのでんでらもなかなか面白かったです、特に「小五郎」が登場してから締まりましたね、だいぶ。とにかくタフで頭が良くて、可愛げがある年寄りが頑張る話ってのは大抵ハズレが無いと断言しておきます、もう「老人無双」ってジャンル作ってもいいんじゃないかね?
読了日:06月10日 著者:平谷 美樹
GONE ゴーン III 虚言 上 (ハーパーBOOKS)GONE ゴーン III 虚言 上 (ハーパーBOOKS)
読了日:06月14日 著者:マイケル グラント
GONE ゴーン III 虚言 下 (ハーパーBOOKS)GONE ゴーン III 虚言 下 (ハーパーBOOKS)感想
これ以上悪くなりようが無いと思っても、まだまだ底に辿り着かないのは現実世界でもよくある話ではあるが、生命維持に直結している問題ってのは、人を人のままでいさせてくれないからねぇ。権力者がいつも、より多くの荷を背負ってるんだけど、その権力の衣によって荷が見えないってのが悲しいわね。「蠅の王」っていうか「七人の侍」を思い出したよ、この章は。
読了日:06月17日 著者:マイケル グラント
ウォーキング・デッド5ウォーキング・デッド5感想
ドラマ版はシーズン7まで観終わっているので、この後の展開もだいぶ先まで知ってはいるのだが、それでも改めて紙面で見るとショッキングですわ、もう、容赦無いねぇ、ほんと。このくらいタブーを超えて際まで攻められる連続ドラマ、日本で作るには後どれくらい人間が成熟する必要があるのかね?フィクションにモラルを過剰に押し付けるのが大好きな人が多い国だから、最低でも半世紀は無理そうだな。
読了日:06月20日 著者:ロバート・カークマン
禁断のレシピ禁断のレシピ感想
かなり前から読みたかった、つーか、見たかったこの本がついに我が手に。スパイシースペアリブ4610kcal,フライドビーフ6150kcal,フランスパン1本サンドイッチ3460kcal、この本一冊でドッカン!106,020kcal!!。もうさー、作る?作らないよ、私は、だがこれ見てるだけで得体の知れない多幸感で腹一杯。目の毒では決して無い、これぞ本物の眼福って言うわけだ、きっと。幸せをありがとう。
読了日:06月28日 著者:枝元 なほみ,多賀 正子

読書メーター


読書メーター

あ、パペラキュウずっと忘れてた。。

2017年4月の読書メーター

読んだ本の数:7冊

読んだページ数:2540ページ

ナイス数:24ナイス



彼岸島 48日後…(11): ヤンマガKCSP彼岸島 48日後…(11): ヤンマガKCSP

読了日:4月12日 著者:松本光司
ウォーキング・デッドウォーキング・デッド

読了日:4月12日 著者:ロバート・カークマン
ウォーキング・デッド2ウォーキング・デッド2

読了日:4月15日 著者:ロバート・カークマン
ウォーキング・デッド3ウォーキング・デッド3

読了日:4月18日 著者:ロバート・カークマン
イノセント・デイズ (新潮文庫)イノセント・デイズ (新潮文庫)感想

諸事情あり、読書を「しない」日々が続いていたのだが、そろそろ明けてもいいかなとリハビリ兼ねて選んだ一冊。煽り文句に期待したが拍子抜け、重くも暗くも感じない。シリアス顔した、なんちゃって優等生みたいな話。

読了日:4月19日 著者:早見和真
城の中のイギリス人城の中のイギリス人感想

蛸!これがかの有名な「蛸地獄」ですか、ようやく読むことが出来ました。どれほどエロく卑猥で、残虐非道グロテスクか?って点で言えば「哲学をプラスした新藤冬樹」って感じですかね、マンディアルグの天然色の地獄の窯も悪くはないが、個人的には「ジュリエット物語又は悪徳の栄え」の色彩の乏しい非道さと、斜め上のmが好みかもしれません。って、どっちも誰にも絶対に薦めませんがね。

読了日:4月20日 著者:アンドレ・ピエール・ドマンディアルグ
制裁 (ハヤカワ・ミステリ文庫)制裁 (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想

熊と踊れから、3秒間の死角と来て本作。あぁ、私はこの作家大好きです、いやマジ本当に。大好きだから書評、感想なんて書きたくないので書きません、書けません。以上。

読了日:4月23日 著者:アンデシュ・ルースルンド,ベリエ・ヘルストレム


読書メーター

今年も例年通り 挨拶は無しの方向で

12月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:2454
ナイス数:19

GONE ゴーン 上 (ハーパーBOOKS)GONE ゴーン 上 (ハーパーBOOKS)
読了日:12月05日 著者:マイケル グラント
GONE ゴーン 下 (ハーパーBOOKS)GONE ゴーン 下 (ハーパーBOOKS)感想
アンダー・ザ・ドームやらパインズやら、自殺島やら、それっぽいのを混ぜてキング風じゃなくクーンツ風に書いたらコレが出来ましたってな感じの作品。正直一作目は詰まらなくもないが、さして特別な感想も無い。続きに期待
読了日:12月06日 著者:マイケル グラント
GONE ゴーン II 飢餓 上 (ハーパーBOOKS)GONE ゴーン II 飢餓 上 (ハーパーBOOKS)
読了日:12月15日 著者:マイケル・グラント
GONE ゴーン II 飢餓 下 (ハーパーBOOKS)GONE ゴーン II 飢餓 下 (ハーパーBOOKS)感想
全6部作だろうが、本国でいかに売れていようが前作と「飢餓」の下巻半分くらいまではかなりかったるくて、続きを読むか微妙でしたが、残り150ページ辺りから俄然面白くなってきました。今でも相当に過酷なサバイバル・レースですが、次作以降更なる絶望とか・・・・・、容赦ねぇなぁマイケル。
読了日:12月17日 著者:マイケル・グラント
熊と踊れ(上)(ハヤカワ・ミステリ文庫)熊と踊れ(上)(ハヤカワ・ミステリ文庫)
読了日:12月17日 著者:アンデシュ・ルースルンド,ステファン・トゥンベリ
熊と踊れ(下)(ハヤカワ・ミステリ文庫)熊と踊れ(下)(ハヤカワ・ミステリ文庫)感想
底知れぬ孤独と暴力、厭わしいほどに我が身を拘束する、しかしほんのりと暖かく生々しい「何か」 手負いの獣達の生きざまが、圧倒的な熱量で胸に迫るこの一冊を2016年度の一番に致しました。有難う北欧、一年の締め括りにスゲェの恵んでくれましたわ。
読了日:12月31日 著者:アンデシュ・ルースルンド,ステファン・トゥンベリ

読書メーター

このカテゴリーに該当する記事はありません。