FC2ブログ

あんた、すげぇな・・・

又はわたしすごい

見つめていたい


   こんにちは

 えーっと、人生勝ち組の皆さんは、ここ数週間で3回目となる
3連休を謳歌なさっている頃でしょうかね?
ま、私も日月は連休を頂くわけですがね、今日はもちろん仕事ですわよ
3連休なんて正月くらいしかとったこと無いからねー、この20年
実際休めたとして、何すれば良いのか分からないわよきっと

君等は私の分も遠出して、散々金をばらまいて
日本経済の活性化に一役買ってくれ
間違っても自宅警備員なんかで無為に時間を潰さないように






あんまり何も考えずに「本100」なんて書いたが
2年かけるとしても、週1くらいで上げるペースじゃ無いと頓挫しそう
だから今日も1冊


私が痺れた100の本 3

15387955880.jpeg

ジョン・ファウルズ 「コレクター」

内容紹介
 網で捕った蝶を殺し、虫ピンで止めて飾って眺めるのを生き甲斐にしていた孤独な青年が、ある日それを美しい女に試みようと思い立ち娘を誘拐する……一面、警察の調書のように非個性的でありながら、表現力豊かな文体で描かれたサスペンス小説の傑作。わが国でも公開された米映画の原作。

Amazonより


以下は私の読書メーターに記した感想




押しも押されぬサイコ・サスペンスの名作を十数年ぶりに再読。
ミランダの言う「私が怖いのは、貴方の中に貴方が自分でも知らないものがひそんでるって事なのよ」に
彼の悲劇の全てが集約されております、蝶であれ人であれ生あるものと対話が出来ないし、
自分でも気づいてない事に生者との関わりも求めて無いのですよ。








映画では触れられることのない、監禁の身のミランダが綴った日記がメインの下巻パート。
彼が彼女を欲しがるのはその秀でた容貌に拠るのだが、実際の彼女は監禁されていても悩み、
思考し、自分の人生を考えることを決して止めません、
何者にもなってないけど(今は)、何にでもなれる可能性に満ちた生命力に輝いている、
それら全てがあって初めてのミランダの汚しがたい魅力であったのに、
無知であることを恐れも恥じもしない彼に、その本当の美しさが届くことは決してなかったのです、まさに名作。





映画は本当に有名で、私も子供の頃TVで観た記憶があるんだよね
しかも何回も
だから知ってる方も多いと思う




【ストーリー】
蝶の収集を唯一の趣味とする内気な銀行員フレディ。
彼はある日大金を手にしたことから、一軒家を買い取り、若く美しい女子大生ミランダを誘拐、蝶を収集するかの如く監禁するという、恐ろしい計画を実行し始めた。
ミランダは4週間の期限付きで、僅かな自由しか与えられない囚われの身となる。彼女に異常な愛情を注ぐフレディと、何度も逃亡を試みるミランダ。
約束の期限が過ぎた時、彼はミランダに結婚を申し込み彼女もそれを承諾するのだが・・・。

Amazonより


哀しくて淫靡で、ものすごくおっかない話だからさ
子供ココロ的に複雑すぎて、心がわさわさしちゃって、それもそのはず
今から思えば監督はウィリアム・ワイラーで名優テレンス・スタンプ
原作ジョン・ファウルズなんて、どこをどう切っても異能の金太郎飴で
そら餓鬼なんてイチコロですわ


それからかなり時間が経ってから原作を読んだら
屈折した男の狂いの話かと思いきや
まるで映画では語られない「彼女」の日記が、まるまる下巻全てを占めていて
そのパートがね、良いんですよ
当時の意識が高い若い女性の赤裸々な思考回路を「日記」という形式で
読者に披露することによって、彼女の偽らざる内面を見せられることにより
より深く物語に、彼女の行く末にのめり込んでいきます
クソー、巧いなぁファウルズ!さすが魔術師!

改めてもう一度言うと「まさに名作。」
素晴らしいです







15388006080.jpeg

久し振りに読み返しながら成城石井のミニピザをパクパク
深夜だけど大丈夫
だって、ピザって野菜だから



「カメラを止めるな」ってどうかな?劇場に観に行く価値ある?

グルメランキング

気になるんだけど、こっちはレイト・ショーしか無いんだよね
にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

こんにちは、そしてさようなら冷やし中華


   こんにちは

 久し振りに口の端がじわっと熱を持っている感じで
きっとこれは例の「口唇ヘルペス」って奴じゃ無いか?と思うわけ
で、これを昔は祖母が「熱の花」って呼んでたのを思いだしたんだけど
君の家でもそう呼んでた?
私は祖母以外の人間が「熱の花」って言ってるの聞いたこと無いんだけど
地域かな?


そんなこんなで頭も痛く具合悪いなぁ、と思っていたら
相方も早仕舞いで仕事から帰ってきて
昨夜はへばっておりました、熱もあるし胃腸も痛けりゃ、頭も痛いと
そうなるとさ、自分の具合の悪いのなんか吹っ飛ぶわね
病人気分に浸ってたんだけど、あっという間に看病するほうへ
食欲も無いみたいだし、困ったわ





そんなことになるとは思わなかった昨日の朝

15385360580.jpeg

半額と言われれば、大抵のものはお持ち帰りする病の私
「正麺半額」っていわれりゃ、冷中だろうが買うぜ





15385360260.jpeg

相変わらず雑な仕事でお目汚しさーせん

うーん、でも正麺は温かい方がポテンシャルを発揮するような気がする
水で締めてもあんまりハッキリしないのは性質上仕方ないのかね?







私が痺れた100の本 2

これも何回か書いた気がしますが
色んな本を読んで、感動したり昂揚したり、どんより落ちたり
そりゃあ様々な思いを重ねてきましたが
我が人生において「衝撃」って点でこれに勝る1冊は無し

15385359870.jpeg

アゴタ・クリストフ 「悪童日記」






それがどれ程のショックだったかというと
頭の中から脳髄を引っこ抜かれてジャブジャブ洗われて
その上に「アゴタ・クリストフ」という名の匂い袋を突っ込まれた感じ

そこから数日間はずっとその強烈なカウンターパンチでふらふらしていたし
その鮮烈な記憶は未だに衰えておりません
もうこれは読書というよりも究極の知的体験であり
「戦争の悲劇」をとことんソリッドにした最後に残る核かもしれないし
人間の強靭さや欲望や
いかんともしがたい愚かしさ、恐ろしさを書いた教則本なのかもしれない
いやいやいや、そうじゃない
極上の喜劇でもある

驚くべきはその続編からも完成度が損なわれる事がなかったこと
もしも私が作家だったとしたら、これを読んだら筆を折ったことでしょう
何度生まれ変わっても、この才能との差が僅か足りとて埋まる気がしない

手に取った際には一行、一行を頭の襞に叩き込むように読んでくれ



2回目にしてすんげぇタイトル出してしまった

グルメランキング

100どころか5本指です、順番間違えたかも
にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

猫猫猫


   こんにちは

 昨日は仕事帰りにふらんふらんとDAISOに出掛け
職場の備品と共にだな
SNSにて大人気、売り切れ続出のクッションを買ったわけだ
いや、別に必要でも無いし、たいして欲しくも無かったんだけどね
買おうと思った理由があってだな

家に帰って、そのクッションを何の気なしにソファーの上に置いて
一休みしていたら、餌を食べ終えたオリ君(♀)が
いつものように居間に入ってきたら、さあ大変!

「ギャアーーーーッ!」と鳴いてから天井近くまで飛び上がったからね
猫のフィジカルの底力をまざまざと見せて頂きました


ちなみに↓な

26323429_579887719027394_2186047519400656896_n.jpg

いや、この左上と右下の猫がさ
色味も柄もオリ君に瓜二つなわけだ
だから買ったんだが、それから彼女はベットの下に閉じこもって
どれだけ呼んでも出てこない
相当にビビったらしい

ま、確かに私も家に帰ったら、畳一枚分くらいの人の顔が居間にデーンとあれば
そら腰抜かすわな
いや、猫飼いさんは気を付けて
私は押し入れに突っ込んで封印しておきたわ
ショック死されたら困る、マジ
いやはや







そして昨夜のアテは

15381079330.jpeg

揚げ出し豆腐

冷奴食べたいという気が無くなってきた
だが、まだ「湯豆腐」とまではいかない折衷案







先日あんな記事を書いたところ
「100冊記録楽しみです」と言ってくださるかたがチラホラ
嬉しいので早速
鉄は熱いうちに打たんとな




私が痺れた100の本 1

15381079000.jpeg

「まこという名の不思議顔の猫」

これ程人を選ばずに「幸せ」な気持ちにさせてくれて
それだけじゃ無く、猫を通して色んな感情を刺激してくれる
偉大な一冊そうそうありません
出版側からすれば「売れてなんぼ」だからね
御大層な紹介文もキャッチコピーも鵜呑みにすると
たいてい痛い目に合う「帯」

「すこしだけ、かならず、しあわせになれます」
しかしこれがだね、この本に関しては一切の偽りなしなのですよ


優しい気持ちになれて、でも少し切なくて
読み進めれば進めるほど、
飼い主さんご夫妻の絆とお人柄と
抜群のセンスの良さに痺れ

そして・・・・・、ちょっと涙が零れます


もしも貴方が誰かへのプレゼントで悩んでいたら
老若男女問わず
これを送れば、ほぼ間違いなしに「なんつー、趣味が良いんだ!」と
評価されます、太鼓判
実は私も去年のはるちゃんへのクリスマスプレゼントはこれしかないと
決めてたんだよね
届かなかったけど




こんな感じで進めます
で、カテゴリーも作ります
書籍に興味ない人には申し訳ないが
しばらくお付き合いください

このカテゴリーに該当する記事はありません。