FC2ブログ

あんた、すげぇな・・・

又はわたしすごい

笑うな‼


   おはようございます


 ランキングに参加させて頂いていて
私の中の主戦場は「人気ブログランキング」の方なのですが
ブログ村もさ、勿論気にしてみてるわけです
で、そっちは「酒」にエントリーしてるわけですが
食関連じゃさ、うーんと広く言うと「食べ物マンセー」ブログばかり

だが面白いのは、酒になると「酒呑み」と「酒を飲まない」ブログが混在してる
アルコール依存症が酒を断つための記録であったり
酒を止めるための有益な情報だったり
それはね、大変な己との戦いだと思うのです
なんであれ、戦っている人には敬意を払うべきだと私は思っているし
出来る限りの応援もしたい

で、飲む人間と、断ちたい人間が互いの考えや状況を知ることは
互いにとって悪いことではないと思うわけです
その点で同じ所でカテゴライズされている事にも文句はない

だけどね、自分が上手く付き合えなかったからといって
酒にヘイトを向けるのまではさ別にいいんだ、それぞれだから
だが酒飲みの人格否定は止めてくれ
それは、むかし付き合っていた彼女や彼への悪口と同じに聞こえるから


ましてや酒飲みは仕事の能力が低いなんて話は論外
自分の立ち位置の正当性を伝える手段として
逆サイドを蔑む論調はさ、幼稚なんですよ、とっても。





酒飲みってのはな、繊細なんだよ


酒税払ってそんな事言われたら悲しくなって、飲まずにいられないじゃないか!








15446612310.jpeg

世の中から愛するサバ缶(水煮)が消えて早一年
ここでいうサバ缶は100円前後の安いアレ
今やセブンの140円を有難がって買う始末






どんだけ健康に良かろうが、毎日250円のサバ缶喰うんじゃ
しっかりしたサプリ摂ったほうが環境にも優しかろう






15446574710.jpeg

「サバ缶が無いなら作ればいいんじゃないの?」









15446574920.jpeg

丸の鯖をぶった切って、煮酒と塩に薄口少々、圧力かけて50分








15446575140.jpeg

完成、休み前の市場に行けば信じられないような安値で投げ売りされてる鯖











15446574460.jpeg

あらやだ、超美味い
圧の時間も丁度良くて骨まで食べられます
もう少し脂が乗ってれば完璧

だが成分的にはどうなんだろうね?
新鮮な水煮には決してない化学変化がありそうだよね、缶詰には







私が痺れた100の本 その7

笑うな 筒井康隆

15445924330.jpeg








個人的にはそこそこの文化人だと思っていたラジオパーソナリティーが
「時をかける少女って、イメージとまるで違う爺さんが書いてるって知って驚いた」
と、のたまわっていて
瞬時に彼への評価が最低ランクに落ち切ったのを覚えております
この国で多少でも文学について語っていながら筒井康隆知らなかったとか
それもうどんな「文学音痴?」でして

酒を愛し、ジャズに造詣深くブラックユーモアを書かせれば並ぶものなく
指定図書レベルのジュブナイルも生み出し、スラップスティックの天才である
老いても戦い続ける偉大な知の巨匠ですわよ


SF苦手だが、筒井は別腹
短編嫌いだが筒井は別腹な私が一冊選ぶとしたら、やはり「笑うな」
これ読んだのは確か中一で、まるで幻燈のような様々な毒と笑いにのけぞった

特に「傷ついたのは誰の心」という一編が中学生には強烈で
きっと少しだけおかしくなっていったと思うんだよね、そこから
自分の土台の部分、色んな映画や文学、漫画に音楽で形成されたと思うのだが
初期の筒井の影響はかなり大きかったと思います
心の中の「虚無主義」と名がついた引き出しを開ければ、筒井康隆が詰まっている

レビュー読むと極端だけどね
合う引き出しを持ってないんだからしょうがないわな



100冊本、進まなくてすんません

グルメランキング


こんな駄文でも小説ネタだと時間がかかるので、ついつい後回しにしちゃうんだよね

にほんブログ村

真夜中に古時計が13の時を刻んだら


   こんにちは


 この時期にしては気温が高い日が続いて来ましたが
いよいよそれも終わりでしょうか?
メダカの活性も極端に悪くなり、いつ餌を絶たせて寝かせるか
毎日鉢を見ながら、悩んでいます
冬用ベットの「柿の葉」も用意したんだけどね
次の春にどれだけ元気で目覚めてくれるのか?
たかがメダカ、されどメダカ
ハラハラしますな






昨夜は休肝日
そうは言っても習慣で飲みたくなるんだけどね
そんな時は氷水かキンキンの炭酸水
これを飲むと飲酒欲求が極端に減ります

だけど困るのは調理でさ
台所に立つことと、飲むことがワンセットだから始末が悪い
なんだろうね?一杯引っ掛けつつ料理するってのが
長年の習慣なんだよね、あ、勿論夜限定だけどね





だから昨日はだな

15427254790.jpeg


和幸でヒレ海老弁当を買ってしまった
なんという贅沢

嫌いって人も何人か知っているけど、私は和幸の衣の味が好き
後は何故か嫌いなはずの昆布もここのは許せる

そして

15427636920.jpeg

とんかつより好きなのが↑この和幸柚子ドレッシング
数多ある「和風ドレッシング」の中で唯一買うのがコレ
全ての調味料が程よく収まっている神配合

普通は酒抜くと痩せるはずなんだが
私の場合は太る、どうすりゃいいのでしょうか?







最近キャリーの母親みたいなの相手に時間を掛けすぎてて
なんか忘れてるな、と思ったら、そうかそうだ
本ネタ忘れてました
ヤバイ、ヤバイ
また頓挫するとこだった、10冊もいかずにお蔵入りは流石にひどい


私が痺れた100の本 その6

15427254260.jpeg



トムは真夜中の庭で



内容紹介 Amazonより

紹介
友だちもなく退屈していたトムは、真夜中に古時計が13も時を打つのを聞き、
ヴィクトリア時代の庭園に誘いだされて、ふしぎな少女と友だちになります。
歴史と幻想を巧みに織りまぜた傑作ファンタジー。



私はこの本を子供向けだと思ったことはないし
それはこの作品を読んだことがある殆どの読者が
感じることであるとは思うのです
だが「子供向け」だと定義すると、これを上回る上質ファンタジーは他に無いのではないかと

時代も世代も時間をも超える、温かく切なく美しい「何か」

先にネタばらしするとですね、私はこの後の94冊の中に必ず「秘密の花園」を
入れます
最初この100冊を選ぶって考えた時から、30冊程度は考えるまでもなく
ピックアップしたのですが、秘密の花園とトム庭は確定してました
共通するGarden、これが「モラトリアム期間」へのメタファーであり
子供たちだけの閉じた宇宙であり、いつか失くしてしまうけれど
失うことによって、より完璧に完成する永遠の楽園なのです

とても不思議なシチュエーションでありながらも、比較的淡々と物語は進み
たいていの本読みならば、最大の謎もすぐに解けるはず
でもそこで気を抜くと最後のたった数行で、大の大人がグズグズ泣いてしまうという・・・
そりゃあもう素晴らしい小説なので、貴方にも
そしてもし貴方にお子さんがいるならば、その子にも強力にお勧めします

(私がもし作家になれるほど能力があれば、トムとハティの性別逆Ver.を書いてみたい)



イギリス文学苦手と言いつつ、エゲレス文学だらけの不思議

グルメランキング

自分自身、いま初めて気が付いたわ
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

手打ち蕎麦パーティーと悪魔を憐れむ歌


   こんにちは


 実はこの数日間、相方と「炬燵」を買うか?否か?で
協議を重ねておりまして、家は狭いし物は多いし猫多頭飼いだし
炬燵を入れた先の未来に、明るい何も想像できないのですが
それでもさー、もう転んでしまいそうなのですよ、おこたライフに

炬燵入って鍋でもつつきながら飲みたいなー
眠くなったら、そのままごろんと猫と一緒にキャッキャウフフ
しかもおあつらえ向きに明日から楽天お買い物マラソン!
もうきっといっちゃうわな、はぁ、いいのか?それで








昨日はゲイ友というか、大先輩と言うか元上司のおうちで
手作りの蕎麦をいただく会

15412164460.jpeg

猫がお出迎え









15412164300.jpeg

というか、梃子でも動かないの図









15412164700.jpeg

天ぷら
しし唐・牛蒡・南瓜・海老・舞茸
だが、それよりこの木の器がめっさカッコいい
出てくる皿も全部木製
100均とかに売ってるそれなりな奴じゃ無くてさ
素晴らしい重厚感
これいいなぁー、欲しいなぁ
お高いんでしょ?そうよね?









15412165000.jpeg

真打・蕎麦
ちょっと、奥さん!美しいじゃ御座いませんか!
この人は何やらせても常人離れして器用なんだけどね
なんか年取ってパワーが益々増したような
人間こうありたいものですな








15412165170.jpeg

手作りスイーツ付き
女子力パねぇ

ナイアガラから作った泡とか、ブランデー、日本酒ちゃんぽんしながらも
11時には、これまた大先輩のお姉様とTAXI相乗りで帰りました
次は忘年会ですかね?
この面子の飲み会が一番面白いから大好き
去年の正月は、この家呑みにはるちゃんも居たんだけどね










私が痺れた100の本 その5

15412165370.jpeg




悪魔を憐れむ歌・蓮見圭一



(「BOOK」データベースより)
『水曜の朝、午前三時』の著者が描く戦後最悪の連続殺人事件。
「逆らう奴は全員、透明にしちまえばいいんだ」それがあの男の口癖だった。
その言葉通り、男は邪魔な人間を次々と殺し、死体を闇に葬り去った。
戦後もっとも凶悪な犯罪といわれた「愛犬家連続殺人事件」の全貌と、
主犯・関根元の恐るべき人間性を共犯者の視点で描いた凄絶なるノンフィクション・ノベル。



ある人にとって「悪魔を憐れむ歌」はストーンズだろうし
ある人にとってはデンゼル・ワシントン主演のホラーかもしれない
でも私にとっての「悪魔を憐れむ歌」はこの一冊なのです

愛犬家殺人事件はその猟奇性や、関根元の強烈なキャラクターから
様々な作り手にインスピレーションを与え、そこから生まれた作品が数多くあります
代表的なのは園の「冷たい熱帯魚」だと思うのですが
ご覧になった方なら分かると思うのですが、かなりクるじゃないですか
もうギリギリまで攻めに攻めた映画だと思うのですよ
猟奇も狂気もお腹いっぱいになるくらい



でもね、これ読むと一転

そんなもんなのー?園 子温

と、言いたくなるわけですよ

フィクションがノン・フィクションに追いついてない

とにかく関根の狂気は、不適切な表現かも知れないが「エンタメ」の域なのです
この本を読んで、ぞっとして恐怖を覚えると同時に
その底なしの狂気の熱量に、やはり痺れてしまうわけですよ
それは憐れみとは全然違って、やっぱりしっくりくるのは

Sympathy For The Devil

って事なのかもしれません


(ちょっと見つからないので貼れませんが
三木大雲住職 愛犬家殺人でググると、関根に関する興味深い話が拾えます)



昨夜一緒に飲んだ姐さんにブログがバレた!

グルメランキング

今度は犬の名前で検索・・・・・・、猫の次は犬とは! 
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

柔らかなキャベツ、柔らかな頬


   こんにちは


 朝晩は冷え込むというのに、昨夜は寝室に蚊が一匹
ブンブンと飛んでいるのに丁度殺虫剤も使い切ってまして
深夜そーっと、寝室の戸を閉め居間にて電気掛毛布を使い
惰眠を貪った週半ば
相方を生贄に捧げておきました
彼は蚊に吸われようが、どんな地震で揺れようがまず目を覚まさないので
無問題なのです
羨ましいよねー、それだけの熟睡って






好きなSHOPは?と聞くと
迷いも無く「ワークマン!」と答える可哀想な彼ですが
今年はキノコにおいては、なかなかの成果を上げまして

15407865730.jpeg

そう、アレ
例のアレ






15407866230.jpeg

松茸をだな、見つけてまいりました
知り合いの山だけどね、持ち主でさえ何処に生えてるか知らないというブツ
今年はね、松茸はどうか知らないがキノコ全体は当たり年だった
去年は酷かったからね、山賊どもが浮足立っておりました

とは言え、たった1本だからね
焼くにも少ない、炊くにも少ない
そんな時の土瓶蒸し
ちょっと鬱陶しいくらいに香ってました
本当に「香り松茸」だよね
味で行けば、上のキノコ山ほどあるのに









昨夜の独り晩酌は

15409580700.jpeg

グリラーとザワークラウト

このザワークラウトがさ、3カ月ほど前に作ったやつだが
作った当時と比べて段違いに旨くなっております
乳酸菌の力は偉大ですねぇ
酸味は立ってるのだが、だいぶまろやかになって
キャベツも柔らかく、スパイスが良い感じにこなれてきました
やっぱ寝かせないと駄目だね
つーこたぁ、やはり塩はきっちり入れないと駄目なんだわ
強めにしても酸味によって塩味はあんまり感じないしね








私が痺れた100の本 その4


15402688170.jpeg


桐野夏生 柔らかな頬




第121回(平成11年度上半期) 直木賞受賞

内容紹介
私は子供を捨ててもいいと思ったことがある。
5歳の娘が失踪した。夫も愛人も私を救えない。
絶望すら求める地獄をどう生き抜くか。

「現代の神隠し」と言われた謎の別荘地幼児失踪事件。
姦通。
誰にも言えない罪が初めにあった。娘の失踪は母親への罰なのか。4年後、ガン宣告を受けた元刑事が再捜査を申し出る。
34歳、余命半年。死ぬまでに、男の想像力は真実に到達できるか。
Amazonより



女王、桐野夏生の直木賞受賞作
いやー、これもですね
ガツーンと来ました、当時
「一体全体どんな人生生きればこんな小説書けるの」と
衝撃だったのを覚えています

桐野夏生は好きな人は大好きだけど、駄目な人はまるで駄目という
技量はね、あんまり疑いようのない大作家だと思うのですが
好きずきが分かれる
私はほぼほぼ彼女の有名どころは読んでるつもりですが
読むたびに削られるし、疲れる
でも好きなんですよ、力強い、男も女も生きてる、そこが好き

で、何故彼女の書く小説が苦手な人が多いかというと
多分だけど、この人は「堕落」と「孤独」書かすと天下一品だからかなと



堕落(だらく)とは
罪を犯す、汚れる、醜くなる、下劣になる、卑しくなる、落ちぶれることを言う。
行動としては生活の規律が乱れ、品行が悪くなること。
何を堕落とするかは価値観によって異なるが、人間が享楽や欲望のままに行動することを
禁ずるのは、どの価値観でも同じである。

Wikipediaより


私は厨二病を長らく発症していて「坂口安吾」を敬愛していますので

人は正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。


堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。

という、堕落論にいたく共感を持つわけで

桐野夏生の書く、屑で剥き出しのオスとメスの生き様に胸が熱くなったり
おぞましくもあり、愛おしくも覚えたり
嫌悪感で一杯になりつつも、真実を感じたり
自分を投影したり
要はシンパシィで溢れちゃったりするわけですわ


もう一冊、桐野夏生では選びたい本があるのですが
取り敢えず先に「柔らかい頬」
何故かというとこの作品こそが「桐野夏生」その人のような気がするから



で、月末なのでコメ欄開けます

グルメランキング

なのにえらく触り辛い記事になってしまった、内容関係なしにコメくれ、暇人求む
にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

見つめていたい


   こんにちは

 えーっと、人生勝ち組の皆さんは、ここ数週間で3回目となる
3連休を謳歌なさっている頃でしょうかね?
ま、私も日月は連休を頂くわけですがね、今日はもちろん仕事ですわよ
3連休なんて正月くらいしかとったこと無いからねー、この20年
実際休めたとして、何すれば良いのか分からないわよきっと

君等は私の分も遠出して、散々金をばらまいて
日本経済の活性化に一役買ってくれ
間違っても自宅警備員なんかで無為に時間を潰さないように






あんまり何も考えずに「本100」なんて書いたが
2年かけるとしても、週1くらいで上げるペースじゃ無いと頓挫しそう
だから今日も1冊


私が痺れた100の本 3

15387955880.jpeg

ジョン・ファウルズ 「コレクター」

内容紹介
 網で捕った蝶を殺し、虫ピンで止めて飾って眺めるのを生き甲斐にしていた孤独な青年が、ある日それを美しい女に試みようと思い立ち娘を誘拐する……一面、警察の調書のように非個性的でありながら、表現力豊かな文体で描かれたサスペンス小説の傑作。わが国でも公開された米映画の原作。

Amazonより


以下は私の読書メーターに記した感想




押しも押されぬサイコ・サスペンスの名作を十数年ぶりに再読。
ミランダの言う「私が怖いのは、貴方の中に貴方が自分でも知らないものがひそんでるって事なのよ」に
彼の悲劇の全てが集約されております、蝶であれ人であれ生あるものと対話が出来ないし、
自分でも気づいてない事に生者との関わりも求めて無いのですよ。








映画では触れられることのない、監禁の身のミランダが綴った日記がメインの下巻パート。
彼が彼女を欲しがるのはその秀でた容貌に拠るのだが、実際の彼女は監禁されていても悩み、
思考し、自分の人生を考えることを決して止めません、
何者にもなってないけど(今は)、何にでもなれる可能性に満ちた生命力に輝いている、
それら全てがあって初めてのミランダの汚しがたい魅力であったのに、
無知であることを恐れも恥じもしない彼に、その本当の美しさが届くことは決してなかったのです、まさに名作。





映画は本当に有名で、私も子供の頃TVで観た記憶があるんだよね
しかも何回も
だから知ってる方も多いと思う




【ストーリー】
蝶の収集を唯一の趣味とする内気な銀行員フレディ。
彼はある日大金を手にしたことから、一軒家を買い取り、若く美しい女子大生ミランダを誘拐、蝶を収集するかの如く監禁するという、恐ろしい計画を実行し始めた。
ミランダは4週間の期限付きで、僅かな自由しか与えられない囚われの身となる。彼女に異常な愛情を注ぐフレディと、何度も逃亡を試みるミランダ。
約束の期限が過ぎた時、彼はミランダに結婚を申し込み彼女もそれを承諾するのだが・・・。

Amazonより


哀しくて淫靡で、ものすごくおっかない話だからさ
子供ココロ的に複雑すぎて、心がわさわさしちゃって、それもそのはず
今から思えば監督はウィリアム・ワイラーで名優テレンス・スタンプ
原作ジョン・ファウルズなんて、どこをどう切っても異能の金太郎飴で
そら餓鬼なんてイチコロですわ


それからかなり時間が経ってから原作を読んだら
屈折した男の狂いの話かと思いきや
まるで映画では語られない「彼女」の日記が、まるまる下巻全てを占めていて
そのパートがね、良いんですよ
当時の意識が高い若い女性の赤裸々な思考回路を「日記」という形式で
読者に披露することによって、彼女の偽らざる内面を見せられることにより
より深く物語に、彼女の行く末にのめり込んでいきます
クソー、巧いなぁファウルズ!さすが魔術師!

改めてもう一度言うと「まさに名作。」
素晴らしいです







15388006080.jpeg

久し振りに読み返しながら成城石井のミニピザをパクパク
深夜だけど大丈夫
だって、ピザって野菜だから



「カメラを止めるな」ってどうかな?劇場に観に行く価値ある?

グルメランキング

気になるんだけど、こっちはレイト・ショーしか無いんだよね
にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

こんにちは、そしてさようなら冷やし中華


   こんにちは

 久し振りに口の端がじわっと熱を持っている感じで
きっとこれは例の「口唇ヘルペス」って奴じゃ無いか?と思うわけ
で、これを昔は祖母が「熱の花」って呼んでたのを思いだしたんだけど
君の家でもそう呼んでた?
私は祖母以外の人間が「熱の花」って言ってるの聞いたこと無いんだけど
地域かな?


そんなこんなで頭も痛く具合悪いなぁ、と思っていたら
相方も早仕舞いで仕事から帰ってきて
昨夜はへばっておりました、熱もあるし胃腸も痛けりゃ、頭も痛いと
そうなるとさ、自分の具合の悪いのなんか吹っ飛ぶわね
病人気分に浸ってたんだけど、あっという間に看病するほうへ
食欲も無いみたいだし、困ったわ





そんなことになるとは思わなかった昨日の朝

15385360580.jpeg

半額と言われれば、大抵のものはお持ち帰りする病の私
「正麺半額」っていわれりゃ、冷中だろうが買うぜ





15385360260.jpeg

相変わらず雑な仕事でお目汚しさーせん

うーん、でも正麺は温かい方がポテンシャルを発揮するような気がする
水で締めてもあんまりハッキリしないのは性質上仕方ないのかね?







私が痺れた100の本 2

これも何回か書いた気がしますが
色んな本を読んで、感動したり昂揚したり、どんより落ちたり
そりゃあ様々な思いを重ねてきましたが
我が人生において「衝撃」って点でこれに勝る1冊は無し

15385359870.jpeg

アゴタ・クリストフ 「悪童日記」






それがどれ程のショックだったかというと
頭の中から脳髄を引っこ抜かれてジャブジャブ洗われて
その上に「アゴタ・クリストフ」という名の匂い袋を突っ込まれた感じ

そこから数日間はずっとその強烈なカウンターパンチでふらふらしていたし
その鮮烈な記憶は未だに衰えておりません
もうこれは読書というよりも究極の知的体験であり
「戦争の悲劇」をとことんソリッドにした最後に残る核かもしれないし
人間の強靭さや欲望や
いかんともしがたい愚かしさ、恐ろしさを書いた教則本なのかもしれない
いやいやいや、そうじゃない
極上の喜劇でもある

驚くべきはその続編からも完成度が損なわれる事がなかったこと
もしも私が作家だったとしたら、これを読んだら筆を折ったことでしょう
何度生まれ変わっても、この才能との差が僅か足りとて埋まる気がしない

手に取った際には一行、一行を頭の襞に叩き込むように読んでくれ



2回目にしてすんげぇタイトル出してしまった

グルメランキング

100どころか5本指です、順番間違えたかも
にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

猫猫猫


   こんにちは

 昨日は仕事帰りにふらんふらんとDAISOに出掛け
職場の備品と共にだな
SNSにて大人気、売り切れ続出のクッションを買ったわけだ
いや、別に必要でも無いし、たいして欲しくも無かったんだけどね
買おうと思った理由があってだな

家に帰って、そのクッションを何の気なしにソファーの上に置いて
一休みしていたら、餌を食べ終えたオリ君(♀)が
いつものように居間に入ってきたら、さあ大変!

「ギャアーーーーッ!」と鳴いてから天井近くまで飛び上がったからね
猫のフィジカルの底力をまざまざと見せて頂きました


ちなみに↓な

26323429_579887719027394_2186047519400656896_n.jpg

いや、この左上と右下の猫がさ
色味も柄もオリ君に瓜二つなわけだ
だから買ったんだが、それから彼女はベットの下に閉じこもって
どれだけ呼んでも出てこない
相当にビビったらしい

ま、確かに私も家に帰ったら、畳一枚分くらいの人の顔が居間にデーンとあれば
そら腰抜かすわな
いや、猫飼いさんは気を付けて
私は押し入れに突っ込んで封印しておきたわ
ショック死されたら困る、マジ
いやはや







そして昨夜のアテは

15381079330.jpeg

揚げ出し豆腐

冷奴食べたいという気が無くなってきた
だが、まだ「湯豆腐」とまではいかない折衷案







先日あんな記事を書いたところ
「100冊記録楽しみです」と言ってくださるかたがチラホラ
嬉しいので早速
鉄は熱いうちに打たんとな




私が痺れた100の本 1

15381079000.jpeg

「まこという名の不思議顔の猫」

これ程人を選ばずに「幸せ」な気持ちにさせてくれて
それだけじゃ無く、猫を通して色んな感情を刺激してくれる
偉大な一冊そうそうありません
出版側からすれば「売れてなんぼ」だからね
御大層な紹介文もキャッチコピーも鵜呑みにすると
たいてい痛い目に合う「帯」

「すこしだけ、かならず、しあわせになれます」
しかしこれがだね、この本に関しては一切の偽りなしなのですよ


優しい気持ちになれて、でも少し切なくて
読み進めれば進めるほど、
飼い主さんご夫妻の絆とお人柄と
抜群のセンスの良さに痺れ

そして・・・・・、ちょっと涙が零れます


もしも貴方が誰かへのプレゼントで悩んでいたら
老若男女問わず
これを送れば、ほぼ間違いなしに「なんつー、趣味が良いんだ!」と
評価されます、太鼓判
実は私も去年のはるちゃんへのクリスマスプレゼントはこれしかないと
決めてたんだよね
届かなかったけど




こんな感じで進めます
で、カテゴリーも作ります
書籍に興味ない人には申し訳ないが
しばらくお付き合いください

このカテゴリーに該当する記事はありません。